FC2ブログ

ちょっくらよっていけし   

平野美宇(23)

卓球の世界選手権団体戦が16日、韓国・釜山で開幕して熱戦が続く。今夏のパリ・オリンピックの女子シングルス代表に決まった平野美宇(23)=木下グループ=が育った山梨県中央市の卓球教室「平野卓球センター」を訪ねると、後輩たちが元気よく練習に励んでいた。

「バック! ミドル! フォア! だいぶ、うまくなってきたね!」。卓球台6台が並ぶ教室に、監督の平野真理子さん(55)の明るい声が響いていた。高校2年の石原壮一郎さん(17)は「先生は、接しやすい雰囲気があります」と慕う。

真理子さんは美宇の母。出身地の静岡で約10年勤めた教員を退職し、2003年に夫・光正さん(55)の実家を間借りして卓球教室を始めた。「めいとその友達の3人ぐらいからスタートしたんですよ」。すると3歳になったばかりの美宇は「卓球がやりたい」と自分から言い出した。「初めてのおねだりでした。自分の感情を表に出すことのない、穏やかな子でしたから」

生徒は口コミで増えて手狭になり、歩いて10分ほどの現在地に05年新築した。教室を出て10メートルも歩けば、富士山が大きく見える。現在は、85歳の男性から5歳の女児まで生徒は約70人へと増えた。

PageTop

工藤公康さん

プロ野球ソフトバンク元監督の工藤公康さんらが25日、山梨県山梨市で野球教室を開き、市内のチーム所属の小学生95人にピッチングや守備を指導した。あいにくの降雪で屋内開催となったが、一流の指導者の身ぶり手ぶりに児童たちは大満足。終了後には郷土料理のほうとうが振る舞われ、一緒に笑顔で頰張った。
プロ野球横浜の元投手、野村弘樹さんと西武元外野手の大塚光二さんも参加した。

PageTop

ヴァンフォーレ甲府

サッカー・ヴァンフォーレ甲府は25日、J2リーグの開幕戦を迎え、アウェーで徳島ヴォルティスと対戦。5-1(2-0、3-1)で圧勝し、8シーズンぶりの開幕戦白星を挙げた。
甲府は前半8分、MF林田滉也のロングフィードから右サイドでDF関口正大、MF鳥海芳樹とつなぎ、ゴール前のFW三平和司が合わせて先制。三平は4日前のAFCアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に続き、公式戦2試合連続ゴール。
19分にはDF今津佑太のフィードから関口、鳥海とつなぎ、三平のグラウンダーのクロスをFW宮崎純真がゴールへと流し込み、リードを広げた。
後半12分に1点を返されますが、その5分後、MF木村卓斗のパスを受けた宮崎が、相手守備陣に囲まれながらもシュートを決め、再び2点差に突き放した。
さらに33分、コーナーキックからの混戦で途中出場のDFエドゥアルド・マンシャが押し込むと、41分にも途中出場のFWピーター・ウタカが得点を挙げた。
次節は3月2日、アウェーで水戸ホーリーホックと対戦する。

PageTop

後期入試状況

山梨県の公立高校の後期試験の出願状況がまとまった。
全体の倍率は0.95倍で、おととしと並んで過去最も低くなった。
甲府商業を含めた公立高校26校の全日制の後期試験には募集定員3537人に対し3374人が志願した。

全体の倍率は0.95倍で去年を0.02ポイント下回り、全県1学区制となった2007年度以降では、おととしと並んで過去最も低くなった。

この要因について県教育委員会は多様な学びを求める傾向から私立高校や通信制高校への希望者が増えたためなどと分析している。

学科別で倍率が最も高かったのは
笛吹の食品化学科と果樹園芸科でともに1.60倍。
甲府工業の土木科の1.4倍、電気科の1.3倍、
甲府商業情報処理の1.27倍となっています。

PageTop

国府方桐丸さん

 山梨都留市第一中学校3年生、国府方桐丸君が高田川部屋に入門へ
2_23_1g.jpg


PageTop

甲府工業サッカー部の皆さん

この春卒業生の皆さん。サッカーで培った強靭な精神をこれから生かしてください。
茨城同窓会会長 村上博靱

2_21_3g.jpg

PageTop

「P2Gシステム」

山梨県北杜市白州町にある大手飲料メーカー・サントリーの天然水工場兼ウイスキー蒸溜(じょうりゅう)所に、再生可能エネルギーで製造した水素を供給する大型施設の起工式が20日、工場の隣接地であった。国内最大規模、世界でトップクラスの施設となり、水素を年間2200トン製造する能力を持つ。2025年度の稼働をめざす。

 使用するのは、山梨県などと進める「P2Gシステム」。太陽光などの再生可能エネルギー由来の電力を活用し、水の電気分解によって二酸化炭素を出さずに水素を製造する技術だ。
県内で実証事業が続くなど、カーボンニュートラル社会の実現に向けて国内外から注目されている。

 大型施設の建設地はサントリー工場に隣接する3千平方メートルの県有地。県やサントリーホールディングス(HD)、東レ、東京電力HD、日立造船などがプロジェクトに参加する。
総事業費約170億円のうち、国のグリーンイノベーション基金事業として約110億円の補助を受ける。

 

PageTop

後輩からのメセージ

今日は和子の誕生日💞
古稀過ぎたら
お祝いしてもらうなんて
(と)(ん)(で)(も)(な)(い)‼️

誕生日は❓❓❓
回りの人に感謝の日
私が元気でいられるのは❓❓❓
ただただ
皆の(お)(か)(げ)(さ)(ま)💞💞

先日
恒例の誕生日苺狩りに連れて行ってもらいました
78個苺🍓食べました✌️👌👌
さあ🎵
来年は79個を食べる‼️
これが私の目標‼️

PageTop

ほうとう

石川県輪島市にある学校が被災した日本航空石川の野球部は、出場が決まっている来月のセンバツ高校野球に向けて系列校のある山梨県に練習の拠点を移している。

18日は選手たちを励まそうと、山梨県甲斐市で社会人ラグビーチームの「クリーンファイターズ山梨」などが炊き出しを行い、名物の「ほうとう」を作った。

チームには日本航空石川の卒業生が2人所属していて、「大変な状況だと思いますが、ほうとうを食べて元気を出してください」とあいさつすると、野球部のキャプテン、寳田一慧選手が「しっかり力にして頑張っていきます」とお礼のことばを述べた。

PageTop

酒折連歌賞

山梨発祥の文芸「酒折連歌賞」の表彰式が行われた。

表彰式は、コロナ禍の影響で4年ぶりの実施となる。

酒折連歌は、五七七で詠まれた問いの片歌に、五七七で答えの片歌を返すもので、連歌発祥の地といわれる甲府市酒折にちなんだ山梨生まれの文芸です。

今回で25回目となる酒折連歌賞には、全国から3万200を超える句が寄せられ、17日は、上位入賞者の表彰式が甲府市で行われた。

このうち大賞の文部科学大臣賞に輝いたのは、東京都の江連守さん(74)で、問いの「ユトリロの 白の時代を 抜け出して来い」に対し「出られない 山椒魚の 頭でつかち」と詠んだ。

県内からは、山梨学院高校2年の山西彩湖さんが、甲府市長賞を受賞している。

PageTop