FC2ブログ

ちょっくらよっていけし   

ETC専用に切り替え

山梨県内の高速道路の2か所の料金所について、中日本高速道路は渋滞緩和などのため、今月13日からETC専用に切り替えることを決めた。

ETC専用に切り替えるのは、中央自動車道の韮崎インターチェンジの料金所と中部横断自動車道の増穂インターチェンジの料金所で、今月13日の午後3時からETCを搭載していない車両は通行できなくなる。

中日本高速道路は今月13日以降、2つの料金所をETCの搭載なしに誤って通行しようとした場合は「サポート」と表示されたレーンに入り、インターホンで知らせてほしいとしている。

中日本高速道路は「変更後に誤って通行しようとしてしまった場合でも慌てずに係員の指示に従ってほしい」としている。


些か」   読み方;いささか   意味;少し。わずか。

PageTop

ヴァンフォーレ甲府

サッカーJ2・ヴァンフォーレ甲府は2日、アウェーで水戸ホーリーホックと対戦。2-1(0-0、2-1)で競り勝ち、12季ぶりの開幕連勝を飾lった。

甲府はスコアレスで迎えた後半16分、こぼれ球を収めたMF荒木翔が正確なクロスを上げると、DFエドゥアルド・マンシャがヘディングで合わせ、先制。マンシャは開幕戦に続く2試合連続ゴールを挙げた。

さらに24分には、シュートのこぼれ球をFW三平和司が拾い、パスを受けたMF木村卓斗が左足でゴール右隅に流し込み、追加点。23歳の木村はJリーグ初ゴールとなった。

開幕で連勝するのはJ1昇格とJ2優勝を果たした2012年以来。

次節は9日にホーム開幕戦として栃木SCを迎え撃ち、2012年に並ぶ開幕3連勝を狙う。


「普」  読み;あまねく  意味;広く。

PageTop

木本土八さん

昨日は仕事関係の親会社(友引は休みの関係)スタッフとゴルフコンペに参加いたしました。
子供や孫程の、歳の差が有る方々に誘われてプレー出来る喜びを感じてます。
コースはプロ選手もトーナメントを行う『浅見CC』穏やかな1日で楽しめました。

成績は何と優勝というご褒美まで戴きました、次回も誘って頂けそうです。⛳
2_29_3g.jpg


「可惜」  読み;あたら  意味;惜しくも。もったいないことに。

PageTop

通勤割引

高速道路各社は、地方部で導入している通勤割引の見直しに向けた試行対象に、4月から北海道、新潟、山梨、香川、長崎の5道県を追加すると発表した。
現在の通勤割引は平日朝夕が対象だが、毎日24時間に拡充する予定で、2026年度を目指す全国展開の前に効果や課題を検証する。
休日割引は秋の行楽シーズンとなる9月の連休を新たに除外し、観光客の利用分散を促す。

 通勤割引は一般道の混雑解消が目的で、東京、大阪の近郊などを除く区間で導入。自動料金収受システム(ETC)を搭載した車両を対象に最大50%引きとしている。


PageTop

平野美宇(23)

卓球の世界選手権団体戦が16日、韓国・釜山で開幕して熱戦が続く。今夏のパリ・オリンピックの女子シングルス代表に決まった平野美宇(23)=木下グループ=が育った山梨県中央市の卓球教室「平野卓球センター」を訪ねると、後輩たちが元気よく練習に励んでいた。

「バック! ミドル! フォア! だいぶ、うまくなってきたね!」。卓球台6台が並ぶ教室に、監督の平野真理子さん(55)の明るい声が響いていた。高校2年の石原壮一郎さん(17)は「先生は、接しやすい雰囲気があります」と慕う。

真理子さんは美宇の母。出身地の静岡で約10年勤めた教員を退職し、2003年に夫・光正さん(55)の実家を間借りして卓球教室を始めた。「めいとその友達の3人ぐらいからスタートしたんですよ」。すると3歳になったばかりの美宇は「卓球がやりたい」と自分から言い出した。「初めてのおねだりでした。自分の感情を表に出すことのない、穏やかな子でしたから」

生徒は口コミで増えて手狭になり、歩いて10分ほどの現在地に05年新築した。教室を出て10メートルも歩けば、富士山が大きく見える。現在は、85歳の男性から5歳の女児まで生徒は約70人へと増えた。

PageTop

工藤公康さん

プロ野球ソフトバンク元監督の工藤公康さんらが25日、山梨県山梨市で野球教室を開き、市内のチーム所属の小学生95人にピッチングや守備を指導した。あいにくの降雪で屋内開催となったが、一流の指導者の身ぶり手ぶりに児童たちは大満足。終了後には郷土料理のほうとうが振る舞われ、一緒に笑顔で頰張った。
プロ野球横浜の元投手、野村弘樹さんと西武元外野手の大塚光二さんも参加した。

PageTop

ヴァンフォーレ甲府

サッカー・ヴァンフォーレ甲府は25日、J2リーグの開幕戦を迎え、アウェーで徳島ヴォルティスと対戦。5-1(2-0、3-1)で圧勝し、8シーズンぶりの開幕戦白星を挙げた。
甲府は前半8分、MF林田滉也のロングフィードから右サイドでDF関口正大、MF鳥海芳樹とつなぎ、ゴール前のFW三平和司が合わせて先制。三平は4日前のAFCアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に続き、公式戦2試合連続ゴール。
19分にはDF今津佑太のフィードから関口、鳥海とつなぎ、三平のグラウンダーのクロスをFW宮崎純真がゴールへと流し込み、リードを広げた。
後半12分に1点を返されますが、その5分後、MF木村卓斗のパスを受けた宮崎が、相手守備陣に囲まれながらもシュートを決め、再び2点差に突き放した。
さらに33分、コーナーキックからの混戦で途中出場のDFエドゥアルド・マンシャが押し込むと、41分にも途中出場のFWピーター・ウタカが得点を挙げた。
次節は3月2日、アウェーで水戸ホーリーホックと対戦する。

PageTop

後期入試状況

山梨県の公立高校の後期試験の出願状況がまとまった。
全体の倍率は0.95倍で、おととしと並んで過去最も低くなった。
甲府商業を含めた公立高校26校の全日制の後期試験には募集定員3537人に対し3374人が志願した。

全体の倍率は0.95倍で去年を0.02ポイント下回り、全県1学区制となった2007年度以降では、おととしと並んで過去最も低くなった。

この要因について県教育委員会は多様な学びを求める傾向から私立高校や通信制高校への希望者が増えたためなどと分析している。

学科別で倍率が最も高かったのは
笛吹の食品化学科と果樹園芸科でともに1.60倍。
甲府工業の土木科の1.4倍、電気科の1.3倍、
甲府商業情報処理の1.27倍となっています。

PageTop

国府方桐丸さん

 山梨都留市第一中学校3年生、国府方桐丸君が高田川部屋に入門へ
2_23_1g.jpg


PageTop

甲府工業サッカー部の皆さん

この春卒業生の皆さん。サッカーで培った強靭な精神をこれから生かしてください。
茨城同窓会会長 村上博靱

2_21_3g.jpg

PageTop