FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp 

市川三郷町の四尾連湖

山梨県の厳冬の風景を紹介します。この時期にしか見られない不思議な音を奏でる湖の結氷です。
市川三郷町にある四尾連湖。
1月28日は湖の約3割が結氷していますが、耳を澄ませてみると不思な音が聞こえます。
湖畔にある龍雲荘によりますと、この音は結氷した寒い時にしか聞こえず、なぜ音が出るのか分からないということです。
今シーズンは1月上旬から凍り、一時は湖の8割ほど凍ったそうですが、ここ数日は暖かい日が続いていたため、この結氷を見られるのも残りわずかということです。
なお湖の氷が薄くなっているため氷の上に乗らないよう注意してください。

今日の一句; 四尾連湖は 昔の伝え 神秘の湖

PageTop

センバツ出場決まる

ことし3月に甲子園球場で開幕するセンバツ高校野球の出場校が発表され、去年秋の関東大会で準優勝した山梨学院の出場が決まりました。山梨学院がセンバツ出場を決めたのは、2年ぶり5回目です。

甲府市の山梨学院では、午後3時20分ごろ、大会の選考委員会から吉田正校長に電話が入り、センバツの出場校に選ばれたことが伝えられた。
このあと吉田校長はグラウンドに出て出場が決まったことを選手たちに伝え、「コロナの報道が続く中、県民に明るい話題を1回でも多く届けられるよう頑張ってください」と激励しました。
選手たちは引き締まった表情で報告を聞き、感染対策として歓声を上げないようにして、ガッツポーズで喜びを表現していました。
山梨学院がセンバツ出場を決めたのは、2年ぶり5回目です。
キャプテンの相澤秀光選手は「センバツ優勝を目指して頑張ります」と抱負を語っていました。
また、会見の中で吉田洸二監督は「うまく調整できれば、優勝に手が届く可能性のあるチームだという手応えがある。練習と感染対策を両立して、安全面を第一に進めたい」と話していました。
大会は、3月4日の組み合わせ抽せんを経て、3月18日に甲子園球場で開幕し、2日間の休養日を含めて、13日の日程で行われます。

1_29_h3.jpg

今日の一句; センバツは 郷土のほまれ まず一勝

PageTop

CO2回収装置

山梨県甲斐市出身の現役東大生が開発した、CO2回収装置の最新型が完成した。二酸化炭素の見える化や遠隔サポートが可能になり、開発者は普及率の向上を期待している。

甲斐市出身の現役東大生、村木風海さんは2年前に地球温暖化の防止に取り組む一般社団法人を立ち上げ、高校2年生の時に開発したCO2回収装置「ひやっしー」の商品化にこぎつけた。

完成した最新型は、専用サイトでもCO2の回収量を確認できるほか、遠隔操作によるシステムの点検や更新も可能になった。また、太陽光による充電だけでも稼働できるという。

村木さんは今回の改良が「ひやっしー」の普及率向上につながると期待している。

最新型の「ひやっしー」は専用サイトを通じて購入することができる。



今日の一句; ひやっしー 十年後には 必需品

PageTop

山梨・ぶどう桃売上UP

 山梨県のおととし1年間の生産農業所得は360億円あまりと、前の年と比べておよそ10%増加しました。
関東農政局は新型コロナウイルスの影響でぶどうなどの果実の巣ごもり需要が増えたことも要因ではないかとみている。

農林水産省は、おととしの都道府県の農業産出額や生産農業所得などをとりまとめ発表した。
それによりますと、山梨県の農業産出額は975億円で、前の年より61億円、率にして6.7%増えました。
農産物別では、果実がおよそ650億円と、全体の66.7%を占め最も高くなっていて、このうちぶどうが398億円とおよそ4割を占めていた。
また、農業産出額から経費を差し引くなどしたいわゆる「利益」にあたる生産農業所得は367億円で、前の年と比べて33億円、率にして9.9%増加した。
関東農政局は「山梨県では、ぶどうやももなど高値で取り引きされる果実が多く、新型コロナウイルスの影響で巣ごもり需要が増えたことも要因ではないか」と話していた。


今日の一句; ぶどうもも 売上まして メンツたち

PageTop

かいじ2号

JR中央線は3月のダイヤ改正で、特急かいじ2号が新宿駅に午前8時台に着くよう運転時刻が変わる。

3月12日のダイヤ改正で現在、竜王駅を午前7時12分に出発する「かいじ2号」は竜王駅を6時58分、甲府駅を7時03分に発車し、新宿駅に従来より22分早い8時42分に到着する。これまで会社や学校の始業時間や比較的早い午前中の会議に間に合うためには、早朝の普通列車で東京方面に向かう必要があったが、今後は東京エリアへの通勤、通学が便利になる。

このほか、3月のダイヤ改正では、あずさ2往復4列車がかいじに変更され、塩山と山梨市、石和温泉の峡東3駅で、特急の停車本数が増える。一方、普通列車は一部で運行本数や区間が見直される。

かいじの増発について、JR東日本八王子支社は「停車を求める住民や利用者の要望を反映した」と説明している。

今日の一句; 待ちに待つ かいじ2号の 利便性

PageTop

氷の壁、山梨市三富地区

山梨市で、岩肌からわき出た水が自然の寒さで凍った大きな氷の壁が姿を現している。

山梨市の三富地区では毎年寒さが厳しくなるこの時期、地区を流れる笛吹川沿いの岩肌からわき出た水が自然の寒さで大小さまざまなつららとなって大きな氷の壁をつくります。
この冬も去年の年末ごろから高さと幅がともに20メートルほどの氷の壁が姿を現している。
氷の壁に日が差し込むと何層にも重なった氷が輝いて、美しい風景を作り出していた。
氷の壁の近くにある旅館白龍閣の穐野龍永代表は「2月上旬まで見ることができると思います。少人数でマスクを着用して見てもらいたい」と話していました。

今日の一句; 寒さまし 氷の壁は 美しい

PageTop

次世代型の観光ツアー

この次世代型の観光ツアーは、カメラが搭載されたロボットを観光地や人気の高い場所などに設置し、自宅などの遠隔地から操作することで施設の見学やショッピングを楽しんでもらう県の新たな取り組みです。
24日は事前に予約した2人が甲府市のイベント施設にいながらおよそ50キロ離れた都留市にある山梨県立リニア見学センターをめぐりをした。
2人はこのツアーで、2003年に当時の世界最高速度となる時速581キロを記録したリニアモーターカーの試験車両の見学をしたほか、車両の超電導磁石の仕組みについてセンターの担当者から説明を受けていた。
参加した50代の男性は、「初めての体験で距離感がつかめない点は難しかったが、ロボットを使った観光は新鮮で楽しかった」と話していた。

今日の一句; 観光地 足を運んで 意味がある

PageTop

甲府工業高校建築科

県立図書館に23日、甲府工業高校の生徒が製作した移動式の本棚が贈られた。VTR贈られたのは本の移動や整理に使用する「ブックトラック」というキャスター付きの本棚。
 甲府工業高校建築科の生徒が約2か月かけて3台完成させたもので寄贈式では建築科3年の権守椋太郎さんが「使い手のことを考えてデザインなどを工夫したので長く使ってほしい」と挨拶した。
 県立図書館では年間約1万冊のペースで増える蔵書を整理するために移動式の本棚は欠かせないといい、今後は本の展示にも活用したいとしている。

今日の一句; 後輩が ブックトラック 寄付をして 

PageTop

湯村温泉郷復活

「浴衣でそぞろ歩きができる温泉街」の復活を目指す。
衰退が著しい山梨県甲府市の湯村温泉を再開発しようという新しい会社が設立された。
湯村温泉の再開発を目指す新会社「甲府観光開発」は、湯村温泉旅館協同組合と昇仙峡観光協会、そして旅行代理店JTBの3者が出資して設立し、1月20日に記者会見して将来像を説明しました。
湯村温泉は最盛期に40軒あった旅館が現在わずか10軒に減少し衰退に歯止めがかかりません。
再開発ではメインストリートを石だたみに整備し、廃業した一部の旅館や飲食店を改修。
また外湯や足湯広場、山梨の名産品を集めた複合施設を新築して温泉街を明治時代のモダンな雰囲気に統一し、「浴衣でそぞろ歩きができる温泉街」の復活を目指します。

今日の一句; 石だたみ 目指すは湯の町 もう一度

PageTop

大寒タマゴ

山梨県中央市にあるタマゴの直売所で、大寒の朝に産まれた「大寒たまご」が今年も常連客の人気を呼んでいる。(

 「大寒たまご」は1年で最も寒いとされる大寒のその日の朝に採れた卵のことだ。冬場は寒さで自然と鶏の産卵数が減るが、その寒さに耐えて産まれてきたタマゴは「貴重で栄養価が高い」と言われていた。

 店によると、20日だけで県外からの注文も含めて約100件以上の予約が入っているという。

 黄身の色にあやかって金運上昇の縁起物としても人気だ。店では21日も販売し、売り切れ次第終了するという。

今日の一句; 大寒の たまごを食べて 元気だす 

PageTop

猛毒のカエンタケ

猛毒のカエンタケとの関連が指摘されている「ナラ枯れ」の被害についてです。
山梨県山中湖村で去年の被害がおととしの約45倍にのぼることが分かりました。
ナラ枯れはカシノナガキクイムシという虫が木の幹に侵入して病原菌を持ち込むことで木を枯らしてしまう病気で、山中湖村では3年前に初めて被害が確認されました。
ナラ枯れが発生するとその周辺では次の年に猛毒のカエンタケが発生することがあります。
このナラ枯れの被害状況を把握するため、村と東京大学は去年10月から12月まで村内全域を合同で調査したところ、新たに3596本の被害が見つかったということです。
これはおととしの約45倍に当たり、調査を行った東京大学は被害は村全域に広がっているとしています。


今日の一句; ナラ枯れの 原因なんと カエンタケ

PageTop

椎間板ヘルニアの治療藥

山梨大医学部は18日、椎間板ヘルニアの治療で新たに開発した薬剤を使った治験を始めると発表した。この治療法が実用化されれば手術の必要がなくなり患者の負担軽減に繋がるとしている。

 椎間板ヘルニアは20代から40代の世代に多く発症し、国内では年間約20万人の患者がいるとされる。

 山梨大医学部の研究チームはヒトの体内にヘルニアを分解、縮小する酵素があることを突き止め、10年前この酵素と同じ構造の新たな薬を開発した。この薬は複数回投与できるのが特徴で今回、実際に患者に投与し安全性や効果などを検証する。

 現在では、椎間板ヘルニアが悪化した場合、全身麻酔が必要な手術が行われているが、この薬剤は直接、患部に注入できるため患者への負担が小さくすむという。

 治験の期間は1年以内を想定していて、山梨大では5年以内の実用化を目指している。


今日の一句; ヘルニアの 負担軽減 梨大で

PageTop

桃太郎館新設

大月市で地元に伝わる「桃太郎伝説」を地域の活性化につなげようと、桃太郎にちなんだ作品などを展示する施設が、今月、オープンした。

この展示施設は、大月駅前の商店街に今月設けられた「桃太郎館」。
地元に伝わる「桃太郎伝説」を紹介しようと、地元の有志が設けたもので、入り口には赤い鳥居が設置され、神社のような外観になっており、地元のアーティストなどが作った作品などおよそ40点が展示されている。
このうち「桃太郎神社」は、鬼が桃太郎をまつるほこらを重そうにかついでいる姿を表現したモニュメントで、高さが1メートル60センチほどある。
また、大きさが1メートル20センチほどある桃太郎が描かれた大きな和だこや桃太郎や鬼のお面なども展示。
施設を管理する大月桃太郎連絡会議の箕田雅友さんは、「展示を通じて、桃太郎伝説の奥深さを感じてもらいたい」と話していた。
この施設は入場無料で、毎日午前10時から午後5時まで開いている。


今日の一句; 桃太郎 なぜか大月 まか不思議

PageTop

寒いほどお得フエア

山梨県北杜市や長野県富士見町など八ヶ岳のふもとの地域の観光関係者などでつくる実行委員会は、観光客が少なくなる冬の時期に足を運んでもらおうと、気温が低いほど買い物や食事の代金を割り引く「寒いほどお得フェア」を20年前から行っています。
新型コロナウイルスの影響で去年は中止となり、ことしは2年ぶりの開催となりました。
17日は、午前10時になるとJR清里駅前にある観光案内所の職員が気温を測り、駅前に気温0度1分を示すパネルを設置しました。
ことしは、飲食店や雑貨店など55店舗で行われ、店が決めた対象商品について、その日の午前10時の気温に応じてマイナス5度以下なら50%引き、0度以下では30%引き、5度以下は10%引きなどと割り引きが受けられます。
清里駅近くの飲食店では早速、店頭に「10%オフ」と書かれた貼り紙を掲示したり、訪れた人に割り引きとなっていることを案内したりしていました。

今日の一句; 寒いほど お得なフエア 八ヶ岳

PageTop

動画コンテスト

山梨県はSNSを活用して県の魅力を発信していこうと、吉本興業と協力してお笑い芸人が参加する動画コンテストを行い、県の魅力をテーマにした動画を募集しています。
30秒以上の動画を動画投稿サイト「YouTube」、動画共有アプリ「TikTok」、写真共有アプリ「Instagram」のいずれかに「#山梨チャンネル」と書いて投稿すると応募できるということです。
応募された動画は山梨県にゆかりのある吉本興業のお笑い芸人が審査を行い、優秀作品に選ばれると県内のグランピング施設の宿泊券やギフトカードが贈られるということです。
締め切りは今月31日で、県広聴広報グループは「住んでいるからこそ知っている、本当は秘密にしたい山梨のおすすめポイントなど、山梨愛にあふれた動画をお待ちしています」と話しています。



今日の一句; 山梨を 吉本興業 活性化

PageTop

山梨県の力士

 大相撲初場所は7日目。
山梨県出身力士の結果です。

幕下の竜電は「寄り切り」で勝って4連勝。
三段目の望月は「突き落とし」で敗れて2勝2敗です。
序二段の石井は「送り出し」で敗れて3勝1敗。
欧翔山は「突き出し」で勝って3勝1敗。
寅武蔵は「押し出し」で敗れて3勝1敗です。


今日の一句; 過ちを 素直に認め 全勝だ

PageTop

日立建機

日立製作所は事業の選択と集中を進める中、国内有数の建設機械メーカーで子会社の「日立建機」の株式のおよそ半数を大手商社の伊藤忠商事などに売却する方針を固めたことがわかった。

関係者によると、日立製作所は、株式の51%を保有する子会社の日立建機について、およそ半数の株式を伊藤忠商事と、国内の投資ファンド「日本産業パートナーズ」に売却する方針を固めた。

東証1部上場の日立建機は、油圧ショベルなど建設機械の製造・販売を手がけ、売り上げはおよそ8000億円、直近の時価総額がおよそ7500億円に上る国内有数のメーカーだ。

日立は22社あった上場企業の子会社についても、すべての株式を売却したり、保有比率を引き下げたりしていて、今回の日立建機の株式売却で10年以上かけて進めてきた大規模なグループ再編は最終盤となる。

さまざまな事業を抱える複合企業の代表格だった日立は、脱炭素やDX=デジタル変革が急速に広がる中、IT事業を柱とした構造転換を今後も加速させていくことにしている。
 

今日の一句; 生き残る 日立が向かう ITか

PageTop

県立農林高校

 去年夏に開催された東京オリンピック・パラリンピックで、選手村の施設に使われた県産の木材の返却が、12日、甲斐市に到着してすべて終わりました。

山梨県からは南部町産のヒノキや北杜市産のカラマツ、合わせて775本が使われましたが、去年11月以降、大会の組織委員会から順次、県に返却されてきました。
12日、最後となるおよそ120本が保管場所の甲斐市の県立農林高校にトラックで届けられました。
大会のエンブレムなどの焼き印が押された木材は、今後、県立農林高校が授業の中で作るベンチや県内の中学校の壁、それに保育所の遊具などに活用されます。


今日の一句; オリパラの 価値ある印 エンブレム


PageTop

優勝報告会春高バレー

日本一となり凱旋です。
バレーボールの全日本高校選手権、春高バレーで初優勝を遂げた日本航空高校の男子バレー部が優勝報告会を開きました。
日本航空の男子バレー部は1月9日に春高バレーで悲願の初優勝を果たしました。
優勝は山梨県勢初の快挙で、1月12日は甲斐市の高校で優勝報告会を開きました。
選手たちは教職員や生徒代表が拍手で迎える中、優勝旗や優勝カップを手に壇上に上がり喜びを語りました。
決勝戦は2セット先制され絶体絶命のピンチからフルセットにもつれ込む大接戦の末の勝利でした。日本航空の男子バレー部は優勝報告会で改めて栄冠の喜びを噛みしめていました。


今日の一句; 離陸して 日本航空 優勝旗

PageTop

北杜市・樋泉南海さん

地元の消防団の活動を題材にした作文の全国コンクールで、北杜市の中学生が最高賞の最優秀賞を受賞し、消防本部などから感謝状が贈られました。

このコンクールは、全国の中学生が消防団について書いた作品を応募するもので、今年度、北杜市の長坂中学校3年生、樋泉南海さんの作文が、およそ1200の作品の中から1作品のみが受賞する最優秀賞に選ばれました。
11日は、樋泉さんが、地元を管轄する韮崎市の峡北消防本部を訪れて、30人あまりの職員などを前に「私もなりたいみんなのヒーロー」と題した受賞作品を発表しました。
作文は、東日本大震災による停電で不安だった時に、地元の消防団の見回りで安心した体験や、それから消防団の活動に関心を深めたこと、将来は一員として地域の人たちを守りたいという思いなどがつづられています。
このあと、山梨県消防協会峡北支部や峡北消防本部から、それぞれ地域の防災意識を高めたとして、樋泉さんに感謝状が贈られました。
樋泉さんは「助けてくれた消防団の人たちへの感謝の気持ちを込めて書きました。いきなり最優秀賞と聞いてびっくりしましたが、今はとてもうれしいです」と話していました。



今日の一句; 新春に めでたい話 北杜市に

PageTop

ふるさと納税

 富士吉田市によりますと、市に寄せられたふるさと納税の金額は去年4月から先月末までの9か月間の速報値で66億9100万円あまりに上っています。

昨年度、市には県内の市町村で最も多く、全国でも6番目に多かったおよそ58億3100万円が寄せられましたが、今年度は、残り3か月を残した状況ですでに9億円近く上回りました。


返礼品として特に選ばれているのは、
富士山の伏流水が使われたミネラルウォーターや羽毛布団といった日用品で、感染拡大を受けた、いわゆる巣ごもり需要の高まりが背景にあるとみられています。
また、文化財の保護など、使いみちを限定して寄付を募るクラウドファンディングも好評だったということです。

富士吉田市の堀内茂市長は「富士吉田市はあなたの第2のふるさとだという気持ちを込めて市として対応を続けたことが結果につながったと思う。多くの寄付をいただき感謝しています」と話していました。


今日の一句; 富士山を ふるさと想う 人多し

PageTop

日本航空優勝

全日本高校バレー決勝戦:日本航空3-2鎮西  東京体育館

バレーボールの第74回全日本高校選手権最終日は9日、東京体育館で決勝が行われました。その結果日本航空(山梨)が昨夏の全国高校総体王者の鎮西(熊本)を3-2で破り、初優勝を果たした。


今日の一句; 航空の 高さが違う ジャンプ力

PageTop

日本航空バレーボール

春の高校バレー山梨代表の日本航空は準決勝に勝利し、男子では県勢初の決勝進出を決めた。

 日本航空はきょう決勝戦進出をかけ秋田代表の雄物川と対戦。キャプテン前嶋のスパイクなどで流れを引き寄せると、守っては昭和町出身の樋口が鉄壁のブロックで相手エースをシャットアウトしするなど終始相手を圧倒。セットカウント3対0のストレート勝ちで男子では県勢初の決勝戦進出を決めた。

 日本航空はあす熊本代表・鎮西との決勝戦に挑む。

今日の一句; 航空が 相手のエース ブロックし

PageTop

進路希望調査

中学3年生の2回目の進路希望調査の結果が発表された。調査は、山梨県教育委員会が県内の中学3年生7096人に実施し、先月時点の進学希望率は98.86%だった。前期と後期を合わせた公立高校27校の平均希望倍率は0.98倍で、全県1学区制が導入された2007年度入試以降、初めて1倍を下回った。

 県教育委員会は要因について「定時制や通信制高校を希望する生徒が増えたことが一因」と説明している。志望倍率は高い順に、甲府南理数科1.45倍、甲府東普通科1.38倍、韮崎文理科1.37倍などとなっている。

 前期試験を希望した生徒の割合は32.01%で、前年を1.86ポイント下回った。

 甲陵高校を除く公立高校の入試日程は、前期が来月1日、2日、後期が3月3日だ。また、生徒が新型コロナに感染した場合に備え3月13日に特別日程を設けている。


今日の一句; 入試前 徹夜したこと 思い出す。 

PageTop

愛宕山石切場跡

国の史跡に指定されることになったのは、甲府市愛宕町にある広さ500平方メートルあまりの敷地です。
文化庁などによりますと、この敷地は、戦国時代末期の1590年代、関東の徳川氏をけん制するために豊臣秀吉の命によって甲府城を築いたとされる際に、石が切り出された「愛宕山石切場跡」の一部で、敷地内には城の石垣に使われた安山岩の岩盤が残っているほか、石を割って切り出す際に開けられた「矢穴」が複数確認でき、築城当時、採石が行われていたことを示しているということです。
国は、平成30年に甲府城跡の石垣などとともに「愛宕山石切場跡」を国の史跡に指定していて、今回、敷地の所有者の同意が得られたことなどから追加する形で指定されることになりました。
正式な指定はことしの春ごろになる見込みです。
県文化振興・文化財課の野代恵子副主幹は、「愛宕山石切場跡は甲府城の本体を作るために石を切り出した場所なので、今後、一般に公開できるよう整備を検討していきたい」と話しています。

今日の一句;今になり 石切場跡 史跡なる

PageTop

中央線ダイヤ改正

JR東日本は、ことし3月12日に、中央本線を走る特急「あずさ」と「かいじ」のダイヤを改正します。
具体的には、上りと下りそれぞれ2本ずつの合わせて4本の列車が、長野県の駅発着の「あずさ」から、甲府駅発着の「かいじ」に切り替わるため、県内では、甲州市の塩山駅、山梨市の山梨市駅、笛吹市の石和温泉駅に停車するようになります。
また、県内から東京方面への通勤通学の利便性を高めるため、特急の発車時間の繰り上げも行い、これまで最も早い時刻で午前9時4分に新宿駅に到着していた上りの特急を、20分ほど早い午前8時42分に到着するよう変更するということです。
JR東日本八王子支社は「都心へのアクセスや山梨エリアからの通勤通学の利便性がよくなるので、利用してほしい」とコメントしています。


今日の一句; 念願の 早く到着 新宿に

PageTop

「武田流門松」

  1. 「武田流門松」は、戦国武将の武田信玄が考案したと言われている山梨県伝統の門松です。
    竹の先端が斜めに切られている一般的な門松は、信玄に戦で敗れた徳川家康が、竹を武田家の首に見立てて斜めに切らせたのが始まりとされていますが、武田流門松では、竹の先端を平らに切っているのが特徴です。
    また、家康の元の姓が「松平」だったため、家康を連想させる「松」より武田家を連想させる「竹」を高い位置に設置しています。
    古くから伝わる文化を引き継いでいこうと、県は3年前から武田流門松を飾っていて、27日朝、県庁本館の入り口では県造園建設業協同組合に所属する業者が、門松の設置を行いました。
    この門松は来月11日まで、県庁本館と県議会議事堂の前に飾られるということです。
    県造園建設業協同組合の依田忠理事長は「武田流門松を県民に知ってもらい広めていきたいので、コロナ禍だが設置しました。来年は感染が終息して明るい、いい年になってほしい」と話していました。 

今日の一句; 寒いじゃん 背筋伸ばして 歩けない 

PageTop

身延山

身延町にある身延山久遠寺の本堂に通じる高低差が100メートル余りの287段の石段で、毎年、大みそかに高校の陸上部が合同で1年を締めくくるトレーニングを行っています。
ことしは地元など5つの高校の80人ほどの生徒が参加し、午前9時半にスタートすると一斉に石段を駆け上がっていきました。
息を切らせながら途中の踊り場で呼吸を整える生徒がいる一方、4分ほどで本堂前まで一気に駆け上がり何度も往復する生徒もいました。
参加した高校1年の生徒は「ことしは結果が出なかったので、来年は自己ベストを出したい」と話していました。
また、ことしの高校総体の砲丸投げで優勝した高校3年の生徒は「ことしはさまざまな大会でいい成績を出せて、納得のいくシーズンでした。来年は大学生として戦っていけるように日々頑張っていきたい」と話していました。

今日の一句;  階段で 思い出したる 身延山 

PageTop

ウオーキング12月分

私の2021年度12月分 ウオ-キング集計
12月のウオーキングは1万歩/日の目標を達成できなかった。
1_2_h1.jpg 
一日平均の歩数 9,727歩
一日平均の距離 6.8km


今日の一句; ウオキング 前見て歩け よく言われ

PageTop

スピードスケート代表決定

日本スケート連盟は31日、スピードスケートの北京冬季五輪代表を発表した。山梨県関係は女子で富士急行の押切美沙紀選手と山梨学院大学出身の郷亜里砂選手が選ばれた。
北海道出身の押切選手は29歳。31日の代表選考会の5000メートルで、国内最高タイムで優勝した。五輪の種目は5000メートルとチームパシュートに選出。五輪出場は3大会連続となる。
北海道出身の郷選手は34歳。29日の代表選考会の500メートルで2位に入り、この種目の五輪代表に選出された。2大会連続の五輪出場となる。

今日の一句; スケートを 履いてた頃は 身も軽く

PageTop