FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

茅ケ岳600回登頂

  茅ケ岳に600回登頂 甲府の76歳男性

 「日本百名山」の著者、深田久弥(1903~71)が登山中に倒れ死亡した甲斐、北杜市境の茅ケ岳(かやがたけ、標高1704メートル)。この山に魅了された甲府市の行政書士砂原紘一さん(76)が17日、600回目の登頂を達成した。
 2014年11月、516回目の登頂以来、2回目の同行だ。勾配に関わりなく、同じスピードで、休まず頂上を極め、昼には下りて、南アルプスを望む温泉で休み、帰宅してビール。この心地よさを教えてくれた「師匠」だ。
 砂原さんが茅ケ岳に初めて登ったのは1991年11月。当時県庁勤めで、職場の山仲間と行った。登りやすさや眺望が気に入った。資料;朝日新聞

12194  右端茅ケ岳

PageTop