FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

日照時間日本一

甲府盆地は日照時間日本一 ①                                            

  今、新聞テレビ等で盛んにエコー、エコロジーなどの言葉をよく耳にする。なかでも山梨でひときは注目を浴びているのが“メガソーラー発電計画”だ。その理由の一つに甲府盆地が日照時間日本一といわれていることが原因らしい。 日照というのは,文字通り太陽光が直接地表を照射することだが,気象観測では,薄雲があっても地物の影ができる程度の強さであれば,日照があったと判断している。

  一年365日の半分を昼間とすると4380時間,そのうち日照時間は,日本では2000時間くらいが平均のようだ。もちろん地域差がある。静岡以西の太平洋海岸,瀬戸内海沿岸が比較的日照時間が長い。それでは日本一日照時間の長い場所ってどこだろうか。
かつては,高知県の足摺岬が日照時間日本一と言われていたが,近年,わが村こそ日本一と表明する村が出現した。山梨県北巨摩の旧明野村(2004年,周辺7町村が合併し現在は北杜市)である。明野村には気象庁関係の観測施設はないが,地元の明野中学校の気象観測委員会によって1986年(昭和56年),年間の日照時間が3105時間と測定され,日本一が証明された。1994年(平成9年)には,村役場にバイメタル式日照計が設置され,明野村は「太陽の村」として「日照時間日本一」を掲げて村おこしをはかっている。その為か北杜市には現在、太陽光発電の実証研究施設が存在する。北巨摩の山あいの小さな村で始まった地道な活動が日照時間日本一を証明したのは快挙と云うしかない。
八ヶ岳 日当たりが良い地区。

PageTop