FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

竜電関

竜電「次は優勝狙う」 十両連続勝ち越しで意欲

 
大相撲初場所で十両として2場所連続の勝ち越しを決めた甲府市出身(池田小→竜王中)の竜電関(26)(本名・渡辺裕樹、高田川部屋)が23日、甲府市内で記者会見を開いた。竜電関は「来場所は2桁以上を勝ち、優勝も狙えるように、気持ちを作っていきたい」と意気込みを語った。
 竜電関は自己最高位の西十両10枚目で迎えた初場所で、中日までは黒星が先行したが、9日目からの4連勝もあり、9勝6敗の成績を残した。
 竜電関は「(9日目に)苦手意識のあった里山関に勝ち、そこから思い切りの良い相撲が取れるようになったことが連勝につながった。勝ち越しが決まった後、千秋楽も良い相撲内容で勝てたことは自信になった」と振り返った。
 
稀勢の里の元付き人
 竜電関は2012年11月の新十両に上がる前まで、初場所で幕内優勝した大関・稀勢の里関の付き人を約1年間務めたことがある。
 竜電関は「直接おめでとうございますと言うと、稀勢の里関からも『勝ち越しおめでとう』と言ってもらえ、握手をしてもらえた。うれしかった」と笑顔を見せた。資料;読売新聞

PageTop