FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
https://mh182130.jp

カウンター

プロフィール


<村上博靱%author_name>

Author:村上博靱(ひろゆき)

茨城・ひたちなか市在住
(甲斐武田氏発祥の地)

山梨・市川三郷町出身
(初代市川團十郎発祥の地)

リンク

甲府工業茨城同窓会

令和3年度
総会・懇親会のお知らせ

期日・令和3年12月4日(土)午後2時
場所・ホテルクリスタルパレス
住所・ひたちなか市大平1-22-1
電話・029-273-7711
会費・10,000円
交通・JR勝田駅より無料送迎バス有

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください


(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

作品紹介中
趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ


宝来屋
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋
字川久保54-2
TEL o24943-2380(代)
FAX 024-944-6859
詳細はここ

同窓会ゴルフ

NEW
甲府工業OB会

第170回 6月例会
期日・6月25日(金)
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・・中・西
場所・那珂CC
締切・6月15(火)

第171回 7月例会
期日・7月30日(金)
集合・・・8:00
スタート・8:31
コース・・IN
場所・金砂郷CC
締切・7月20(火)

第172回 8月例会
期日・8月27日(金)
集合・・・8:30
スタート・9:02
コース・・IN
場所・日立高鈴ゴルフ
締切・8月17日(火)

成績
同窓会ゴルフ

もみじ会ゴルフ


NEW
日立製作所
勝田工場OB会



第151回 7月例会
期日・7月9日(金)
場所・日立高鈴GC
集合・・・8:00
スタート・8:28
コース・・OUT
締切・6月29日(火)

第152回 8月例会
期日・8月6日(金)
場所・日立高鈴GC
集合・・・8:00
スタート・8:28
コース・・IN
締切・7月27日(火)

第153回 9月例会
期日・9月3日(金)
場所・那珂カントリ
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・・中⇒西
締切・8月24日(火)

前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


NEW
日立製作所
水戸工場OB会



第389回7月例会
期日・7月13日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・中→西


熱中症防止のため8月は休止します。


第390回9月例会
期日・9月10日(火)
場所・那珂カン 
集合・
スタート

前回の成績
NMG

天神山ゴルフ

第80回天神山ゴルフ 
期日・7月26日(月)
集合・・・9:20
スタート・9:57
場所・那珂CC
締切・6月15(火)
料金・4,180円

アーカイブ

勝田天神山


詳細当番表

               

お便り

2010/04/24(土)
 長澤嘉幸さんより
   何時も同窓会便りを懐かしく読ませて頂き、有難うございます。平山郁夫美術館の存在すら知りませんでした。帰省の際、立ち寄りたいと思います。明野町の太陽熱発電計画、30年ほど前の「ムーンライト計画」を懐かしく思い出しました。
 当時、日立でエネルギー価格の高騰に対処すべく、「月の光」の様な微弱なエネルギーも活用しようと言う計画でした。その一環として、太陽熱発電、太陽光発電、地熱発電、波力発電、低沸点媒体発電、燃料電池発電等の、開発に大変苦労した事を思い出しました。


 大柴公夫さんより
 山梨には、12月の中旬に悔やみが有り、久し振りに帰りましたが、とんぼ返りで、ゆっくり出来ませんでした。甲府工業に女子の柔道部が有るとは、初耳でした。何れにしても、嬉しい事です。頑張って欲しいです。
 懐かしい網倉さんの計算尺の話、楽しく読ませて戴きました。次号が楽しみです。小生は、「塩山中学」出身ですが、学校の名前を久し振りに見て、家の事情も有り、県立の甲府工業に入る為に、猛勉強した事を懐かしく思い出しました。
同窓会情報
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.