FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

身延線鉄道唱歌

 身延線鉄道唱歌でまちおこしを、市民らCD化 

 「鉄道唱歌」でJR身延線沿線のまちおこしを図ろうと、静岡県富士宮市の市民らが山梨、静岡両県にまたがる沿線の情景を歌詞に折り込んだ「身延線鉄道唱歌」のCDが完成し、市内でお披露目会が開かれた。新たなふるさとの歌を約300人の市民が合唱した。
28身延線

 「身延線版」の鉄道唱歌は、南部町出身で静岡県富士市在住の小沢肇さん(92)が作詞。「この歌を広めてまちおこしに使おう」と、市民の有志らが昨年、「身延線鉄道唱歌の会」を発足させた。
会は「沿線すべてのまちおこしにつながるように」と、詞に含まれていない駅名をナレーションの形で折り込んで全39駅が入った歌を完成させた。
 1月29日のお披露目会では、会場の市民文化会館は立ち見も出る盛況。CDに収録された富士宮女声合唱団や、ギター弾き語りの村瀬きょうこさんがそれぞれの歌を披露し、市内在住で身延線の車掌を約10年務めた山田修三さん(67)が往年の制服姿でアナウンスし、会場を盛り上げた。資料;朝日新聞
  
写真は久那土駅で写す。

PageTop