FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

外国人女流プロ棋士

初の外国人女流プロ棋士誕生

将棋の女流のプロ棋士を目指していたポーランド出身で山梨学院大学大学院に在籍するカロリーナ・ステチェンスカ女流3級が、20日、東京で行われた対局に勝ってプロとなる女流2級に昇級しました。
日本将棋連盟によりますと、外国人が将棋のプロになるのは男性の「棋士」も含めて初めてです。
山梨学院大学大学院に在籍するカロリーナ・ステチェンスカさんはポーランド出身の25歳で、高校生のときに読んだ日本の漫画に登場する将棋に興味を持ち、インターネットの対局を重ねました。
KIMG0807 (640x387)

その後、プロを目指して来日し、山梨学院大学に通いながら、女流のプロ棋士を養成する「研修会」に所属して腕を磨き、おととし10月には女流3級に昇級して、プロ入りに王手をかけていました。
ステチェンスカさんは、20日東京・渋谷区の将棋会館で行われた「第44期女流名人戦」の予選の対局に勝利し、予選トーナメントでの決勝進出を果たしました。
これによって、ステチェンスカさんはプロとなる女流2級への昇級規定を満たし、女流のプロ棋士となりました。
ステチェンスカさんは甲府市をPRする「甲府大使」を務めており、樋口雄一市長は「輝く姿は甲府市民の誇りであり、子どもたちの夢と憧れです。今後の活躍を心から期待しています」とコメントした。
資料;朝日新聞
 

PageTop