FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

千円札の図柄

「千円札の図柄」眺望人気 2・23富士山の日

   23日は山梨、静岡両県が条例で定めた「富士山の日」。甲府市のJR甲府駅前では後藤斎・山梨県知事らが「大切な富士山を後世に」と記された手ぬぐいなどを配り、自然環境の保全などを呼びかけた。富士河口湖町の「富士山世界遺産センター」や富士吉田市の「ふじさんミュージアム」など関連施設の入場料が無料になり、鳴沢村の「道の駅なるさわ」では郷土料理の小芋のみそころがしなどが振る舞われた。
946

 身延町の本栖湖西北岸では、環境省が昨年11月に整備した富士山の絶景ポイント「中ノ倉峠展望地」が人気だ。約80年前、千円札の図柄の元になった写真が撮影された場所で、観光客が変わらぬ風景を楽しんでいる。
写真は「富士こそわがいのち」が口癖だったという写真家岡田紅陽の代表作のひとつ「湖畔の春」。資料;朝日新聞




PageTop