FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

一之酉祭典

一之酉祭典 春を告げる神楽 表門(うわと)神社。日本三大文殊の一つ知恵文殊(市川文殊)。

春を告げるお祭りとして親しまれている伝統行事の「一之酉とり祭典」が1日、市川三郷町上野の表門(うわと)神社で開かれた。

1095年、源義清が同神社に神楽を奉納したことを伝える祭典で、900年以上の歴史を持つとされる。この日は、氏子らでつくる「神楽保存会」が、午前10時から夕方まで数々の舞いを披露した。

「浦安の舞」では、地元の小学6年の女の子が平和を祈る踊りを披露し、多くの観客がカメラを向けるなどして見入った。

その後、「大海原蛭ひる子の舞」では、釣り好きの親子の神様が大きなタコをつり上げた際に、釣ったタコに足を吸い付かれたり、からまれたりする様子を氏子がユーモラスに舞い、観客は笑顔で楽しんでいた。

「浦安の舞」を見た近所の主婦、北村愛子さん(73)は、「とてもかわいかった。
静かで優雅な舞で、地域の行事への参加は子どもの心にも残るでしょう」と笑顔だった。
資料;朝日新聞


16-4 本殿。

「浦安の舞」を見た近所の主婦、北村愛子さん(73)は、「とてもかわいかった。
静かで優雅な舞で、地域の行事への参加は子どもの心にも残るでしょう」と笑顔だった。
資料;朝日新聞


 


「浦安の舞」では、地元の小学6年の女の子が平和を祈る踊りを披露し、多くの観客がカメラを向けるなどして見入った。

その後、「大海原蛭ひる子の舞」では、釣り好きの親子の神様が大きなタコをつり上げた際に、釣ったタコに足を吸い付かれたり、からまれたりする様子を氏子がユーモラスに舞い、観客は笑顔で楽しんでいた。

PageTop