FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

29年度冬季国体

29年度冬季国体、山梨県内開催が内定
 
後藤斎知事は22日の記者会見で、平成29年度の第73回国民体育大会冬季大会・スケート競技と、第67回全国高校スピードスケート・フィギュアスケート競技選手権大会(冬季インターハイ)の「本県開催が内定された。27日に開催が正式決定される」と発表した。
正式決定後に県は関係団体と準備委員会を立ち上げる。
冬季国体の県内開催は16年度以来13年ぶり7回目。
冬季インターハイは19年度以来10年ぶり7回目。
冬季国体、冬季インターハイの県内同年度開催は12年度以来17年ぶりとなる。
参加人数は両大会合わせて約2千人が見込まれる。
後藤知事は「冬季に県外から選手、役員が来てくれることをうれしく、歓迎したい」と述べた。
開催競技種目は冬季国体がスピード、ショートトラック、フィギュア。
冬季インターハイがスピード、フィギュア。
会場は今後、日本体育協会が決定する。
過去の開催実績から、甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナ(ショートトラック、フィギュア)と富士吉田市の富士急ハイランドセイコオーバル(スピード)が予定される。資料;産経新聞

27-2 

PageTop