FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

甲州だこ作り

南アルプス市で「甲州だこ」作り。

「甲州だこ」は甲府盆地の西部に、およそ300年前から伝わる和だこです。
南アルプス市で「甲州だこ」を25年以上作っている渡辺高一さん(82)の作業場では正月を前にたこ作りが行われていて、縦80センチ、横60センチの和紙に描かれた歌舞伎役者の絵に、色鮮やかな絵の具をひと筆ひと筆丁寧に塗っていた。
「甲州だこ」は、八ヶ岳から吹き下ろす「八ヶ岳おろし」に耐えられるよう、通常のたこの倍以上の竹ひごを使った頑丈な作りが特徴で、戦国武将の武田信玄を描いたたこには接着剤を使って10本の竹ひごを固定していた。
渡辺さんは大きい物で畳1畳ほどもあるたこを1週間かけて作り、できあがったたこは知り合いに贈るなどしているということです。
渡辺さんは「正月にあげてもらうため、これからも元気にたこを作り続けていきたい」と話していた。12253.jpeg

PageTop