FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
https://mh182130.jp

カウンター

プロフィール

村 上 博 靱

Author:村 上 博 靱

ひたちなか市在住
山梨市川三郷町出身
初代市川團十郎発祥の地
養蚕の一瀬桑発祥の地

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

同窓会ゴルフ

甲府工業OB会

第167回 3月例会
期日・3月26日(金)
集合・・・8:50
スタート・9:22
コース・・IN
場所・茨城ロイヤル
締切・3月16(火)

NEW
第168回 4月例会
期日・4月28日(水))
集合・・・8:20
スタート・8:52
コース・・out
場所・勝田ゴルフ
締切・4月19(月)

第169回 5月例会
期日・5月28日(金)
集合・・・8:30
スタート・8:56
コース・・IN
場所・日立高鈴ゴルフ
締切・5月18日(火)

成績
同窓会ゴルフ

もみじ会ゴルフ


日立製作所
旧勝田工場OB会



第147回 3月例会
期日・3月5日(金)
場所・茨城ロイヤル
集合・・・8:30
スタート・9:01
コース・・OUT
締切・2月23日(火)

第148回 4月例会
期日・4月9日(金)
場所・勝田ゴルフ
集合・・・8:45
スタート・9:15
コース・・IN
締切・3月30日(火)


NEW
第149回 5月例会
期日・5月7日(金)
場所・スパ久慈
集合・・・8:40
スタート・9:07
コース・・OUT
締切・4月27日(火)

前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


日立製作所
旧水戸工場OB会




第386回3月例会
期日・3月9日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・

第387回4月例会
期日・4月13日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・


第388回5月例会
期日・5月11日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・

前回の成績
NMG

天神山ゴルフ

天神山ゴルフ
現在休止中

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください

(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
俳句
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ


new
宝来屋
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋
字川久保54-2
TEL o24943-2380(代)
FAX 024-944-6859
詳細はここ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天神山ごみ当番


2月23日(火) 村上 
2月26日(金) 秦野 
3月 2日(火) 崎山 
3月 5日(金) 神長 
3月 9日(火) 菊池 
3月12日(金) 松本 
3月16日(火) 舘岡 
3月19日(金) 及川 
3月23日(火) 菊池 
3月26日(金) 寺内 
3月30日(火) 村上 

以降の当番表

サントリーJPV

2018/04/26(木)
サントリーが醸造用ブドウ畑、中央市に4ヘクタール 将来的に100トン超を収穫へ

 サントリーワインインターナショナルが出資したジャパンプレミアムヴィンヤード(JPV)が中央市大鳥居で、同市と協力し整備した醸造用ブドウ畑「サントリーJPV豊富ほ場」(約4ヘクタール)が完成、19日に式典と苗木の植樹会を行った。同社は3年後に5トン程度の初収穫を見込み、将来は畑を拡大して100トン以上の収穫を目指すという。

 同社は、畑の約8割で白ワイン用の「甲州」、残り2割で赤用の「マスカット・ベーリーA」を栽培する。県内で「南向きで日当たりが良く、標高がある程度高い場所」(高谷俊彦同社社長)を探していたところ、県とJAふえふきの協力を得て、豊富地区の標高340~360メートルの耕作放棄地を確保し整備した。
 中央市によると、王塚古墳に近い肥沃な土地で、水はけも良いという。
宮下敏サントリーワインインターナショナル社長は「山梨のワインは世界から注目が集まっている。ここ豊富のブドウでおいしいワインを作っていきたい」とあいさつ。田中久雄市長は「将来的に観光の場としても期待したい」と述べた。

ふるさと
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.