FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

短歌の紹介(4)

短歌の紹介(4)

他人(ひと)様(さま)に見せられる歌になっていませんが、今年の1月から6月まで詠んだ歌をお送り致します。
世相に歯ぎしりしたり、年寄りの愚痴であったりですが御笑覧下さい。
平成27年7月  那珂市在住 小野安雄(M27)

・風薫り五月の光降り注ぐ 日傘さす女(ひと)モネの絵に似て

・微速度で撮った映像見る如く 日毎に若葉広がり伸びる

・鉄扇花か細き茎のその先に 大輪咲かせ存在示す

・夏来る樹々の繁れる活力を 受けて八十路を歩みて行かむ(朝日新聞茨城短歌6月掲載)

・吾も欲し日毎色濃く緑増す 樹々の活力老いのこの身に

・水を張り鏡の如き水田に 罫線描き田植え機進む

・争いが絶えぬと怒りこの星は 地震噴火と警告続け

・また噴火火山活動活発に 火山列島再認識す

・直立し玉音聴きし少年も 激しき時代生きて八十路に

・あの日から七十年が過ぎたるか 苦難の時代(とき)も歴史の中に


甲府市歴史公園 山手門。

11-9  

 

PageTop