FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
https://mh182130.jp

カウンター

プロフィール

村 上 博 靱

Author:村 上 博 靱

ひたちなか市在住
山梨市川三郷町出身
初代市川團十郎発祥の地
養蚕の一瀬桑発祥の地

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

同窓会ゴルフ

甲府工業OB会

第167回 3月例会
期日・3月26日(金)
集合・・・8:50
スタート・9:22
コース・・IN
場所・茨城ロイヤル
締切・3月16(火)

NEW
第168回 4月例会
期日・4月28日(水))
集合・・・8:20
スタート・8:52
コース・・out
場所・勝田ゴルフ
締切・4月19(月)

第169回 5月例会
期日・5月28日(金)
集合・・・8:30
スタート・8:56
コース・・IN
場所・日立高鈴ゴルフ
締切・5月18日(火)

成績
同窓会ゴルフ

もみじ会ゴルフ


日立製作所
旧勝田工場OB会



第147回 3月例会
期日・3月5日(金)
場所・茨城ロイヤル
集合・・・8:30
スタート・9:01
コース・・OUT
締切・2月23日(火)

第148回 4月例会
期日・4月9日(金)
場所・勝田ゴルフ
集合・・・8:45
スタート・9:15
コース・・IN
締切・3月30日(火)


NEW
第149回 5月例会
期日・5月7日(金)
場所・スパ久慈
集合・・・8:40
スタート・9:07
コース・・OUT
締切・4月27日(火)

前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


日立製作所
旧水戸工場OB会




第386回3月例会
期日・3月9日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・

第387回4月例会
期日・4月13日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・


第388回5月例会
期日・5月11日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・

前回の成績
NMG

天神山ゴルフ

天神山ゴルフ
現在休止中

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください

(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
俳句
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ


new
宝来屋
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋
字川久保54-2
TEL o24943-2380(代)
FAX 024-944-6859
詳細はここ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天神山ごみ当番


2月23日(火) 村上 
2月26日(金) 秦野 
3月 2日(火) 崎山 
3月 5日(金) 神長 
3月 9日(火) 菊池 
3月12日(金) 松本 
3月16日(火) 舘岡 
3月19日(金) 及川 
3月23日(火) 菊池 
3月26日(金) 寺内 
3月30日(火) 村上 

以降の当番表

高校再編

2015/09/14(月)

・・・鬼怒川氾濫の常総市には甲工同窓生3名が在住しています。二人は被害がありませんでしたが、幕田さん(C29)宅は決壊した場所に近く本人とはまだ連絡がとれていません。

<平成27年9月14日(月)
山梨・峡南地域の県立高校再編 3校統合案。

<市川三郷に単位制高新設へ >
少子化に伴う峡南地域の県立高校再編問題で、県は24日、再編対象となった市川高(市川三郷町)、身延高(身延町)、峡南高(同)、増穂商高(富士川町)の4校のうち、身延高を存続させ、残りの3校を統合した単位制の総合制高校1校を市川三郷町内に新設する整備案を発表した。

<総合制高校を新設>
市川三郷町内に新設を計画しているのは、普通科(英語系列を含む)、商業科工業科の3科を併設する総合制高校。現在、市川高は普通科と英語科、峡南は電子機械科、クラフト科、土木システム科、増穂商は商業科、情報処理科があり
3校の伝統や特色を継承しつつ統合させる。
通学の利便性などから、新設校はJR身延線沿線に設置する方針。

<身延高は単独で>
身延高は統廃合の対象とせず、単独で存続させる。県は同高が県境に近く他校から離れ、生徒の80%以上が身延町、南部町から通学している点を挙げ「通学に要する時間的・経済的負担に配慮する必要がある」と説明。

<再編の背景>
県が再編を進める背景には、峡南地域の少子化問題がある。県が2009年に策定した県立高校整備基本構想では、高校の適正規模を1学級あたり40人1学年4~8学級とし、1校で少なくとも1学年160人が必要と規定。
しかし、同構想の最終年度にあたる19年度、同地域5町の中学校を卒業見込みの生徒は369人で、他地域からの進学などを考慮しても2校分しか生徒が確保できない見通しとなっている。
資料;読売新聞

統合が検討されている峡南高校。JR身延線久那土駅から徒歩10くらいのところ
にあります。

1311   

ふるさと
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.