FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

甲州市長選

甲州市長選一騎打ち 「ぶどうの丘」の活性化 

 市長の辞職に伴う甲州市長選が2日、告示された。ともに無所属新人で前県議の鈴木幹夫氏(68)(自民推薦)と、元市議の相沢俊行氏(64)が立候補を届け出た。市の直営施設「勝沼ぶどうの丘」の活性化策や人口減対策などを争点に論戦が展開される。

 鈴木候補は午前10時、同市塩山下於曽の選挙事務所前で出陣式に臨んだ。峡東地域の首長や、1月に辞職した甲州市の田辺篤前市長らが出席。自民党県連会長の森屋宏参院議員は「田辺(前)市長が築いた基礎の上に、新しい甲州市を作り上げていく選択の時だ」と呼びかけた。
 相沢候補は午前10時、同市塩山熊野の駐車場で出陣式を行った。前回市長選に出馬し、今回は相沢候補の支援に回った元市職員の荻原博夫・選対本部長は、「政策をすり合わせ、ともに戦うと決意した」と述べた。相沢候補は医療機器メーカー誘致や、ふるさと納税の増収などを訴えた。

PageTop