FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

鉄道王、根津嘉一郎

 山梨市出身で、東武鉄道などの経営に関わり「鉄道王」と呼ばれた実業家・初代根津嘉一郎(1860~1940年)の功績などを紹介する根津記念館(山梨市正徳寺)があることはご承知かと思います。
根津は、甲州財閥の若尾逸平や雨宮敬次郎との出会いをきっかけに実業界に入り1905年、当時経営不振だった東武鉄道の社長に就任すると、経費を削減しつつ、周辺の他の私鉄との合併や観光地・日光への新路線の建設などで経営を立て直した。
また、私財を投じ、山梨県内の小学校にピアノを寄贈し、笛吹川に橋を架けるといった社会貢献活動も行った。同館では、根津の功績を常設展で紹介している。
根津記念館を担当者は「発展した東武鉄道の今の姿を通して、郷土の偉人に興味を持ってもらえれば」と話している。

PageTop