FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

ノーベル賞祝う会

大村さん、故郷・韮崎でノーベル賞祝う会

今年のノーベル医学生理学賞の受賞が決まった北里大特別栄誉教授の大村智さん(80)を祝福する会が18日、韮崎市神山町鍋山の韮崎大村美術館で開かれた。
神山町地区の住民でつくる「祝う会」の主催。
地区の住民1186人の半数に当たる約550人が大村さんの偉業をたたえた。
大村さんは「大勢の方からお祝いしていただき、大変うれしく思います」とあいさつ。
「普段は故郷に帰って窓を開けると美しい景色が見られるが、今回はカメラがいっぱいこっちを向いていた」と笑わせた。
また、中学生の時に実家に泊まった占師に「この村はこれから栄える」と言われ、そのことを覚えていて温泉や美術館をつくったとユーモアを交え話すと、会場は温かい笑いに包まれた。
同地区の会社員、長坂博さん(34)は「ノーベル賞をもらう人がここにいるのはすごい」。
韮崎北西小の高木亮輔くん(9)は「立派な人だと思った。大村さんから努力することが大切だと学んだ。
僕もたくさん勉強したい」と話した。資料;朝日新聞

サッカーの町韮崎。
19-6  

PageTop