FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

富士登山鉄道構想

山梨県が進めている「富士山登山鉄道構想」は、富士山のふもとと5合目を鉄道で結び、環境の保全や観光振興につなげようというもので、8日は都内で検討会の総会が開かれ、最終的な構想案について議論が交わされた。
構想案では、県の有料道路「富士スバルライン」にLRT=次世代型路面電車を走らせることが最も優位性が高いとし、利用者数の試算の参考値として、往復運賃を1万円とした場合にはおよそ300万人が見込まれるとしているが、さまざまな要素を加味し、今後も精査が必要だとしている。
一方で、事業を誰が運営するかなどの官民の役割分担の整理や安全に鉄道を走らせるための技術的課題など実現に向けて検討が必要な課題もあげられた。
これに対し、長崎知事は「富士五湖も含めた富士山周辺の観光や地域のあり方を議論する契機にしていきたい」と述べていた。


PageTop