FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

ミレー作品を撮影

山梨県立美術館で、ミレーの代表作の超高精細画像の撮影が行われた。その方法は超高精細画像は、ひとつの作品を数百カットにわけて高解像度カメラで撮影し、それを合成してひとつの作品データにしたものです。
県立美術館では、作品の魅力発信と記録保存のために文化庁の支援を受け、この事業に取り組み、今回ミレーの代表作「種をまく人」や「落ち穂拾い、夏」など3作品がを影した。
撮影された画像では、肉眼で確認できない筆跡など細部まではっきり見ることができるという。
なおデータを活用してUTYでは8K番組を制作中で、3月21日にNHKBS8Kで放送される予定です。

PageTop