FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

MaaS導入へ

MaaSは、「モビリティー・アズ・ア・サービス」の略で、スマートフォンのアプリなどを使い、バスやタクシーなど複数の移動手段を最適に組み合わせ検索や予約、それに決済を一括で行う次世代の交通サービスです。
山梨県では来年4月からの運用開始を目指していて、18日は県や自治体、それに観光や交通の団体などでつくる協議会の初めての会合が開かれました。
会合ではMaaSの導入に向けて、県から委託を受けたJTB甲府支店を中心にことし秋に実証事業を行うことが報告されました。
このうち、峡東地域ではワイナリーなどを巡回する人工知能を使った乗り合いタクシーを運行させ、その効率性を確認するとしています。
また、昇仙峡地区では観光馬車が運行していたルートに屋外観光地として国内初となる自動運転のモビリティーを導入し利便性などを検証することにしています。
協議会の会長を務める県タクシー協会の雨宮正英会長は「マースというわかりづらい言葉をどうわかりやすくPRしていくかが大切で、山梨で定着し、使い続けれられるようにしていきたい」と話していました。

PageTop