FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
https://mh182130.jp

カウンター

プロフィール


<村上博靱%author_name>

Author:村上博靱(ひろゆき)

茨城・ひたちなか市在住
(甲斐武田氏発祥の地)

山梨・市川三郷町出身
(初代市川團十郎発祥の地)

リンク

甲府工業茨城同窓会

令和3年度
総会・懇親会のお知らせ

期日・令和3年12月4日(土)午後2時
場所・ホテルクリスタルパレス
住所・ひたちなか市大平1-22-1
電話・029-273-7711
会費・10,000円
交通・JR勝田駅より無料送迎バス有

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください


(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

作品紹介中
趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ


宝来屋
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋
字川久保54-2
TEL o24943-2380(代)
FAX 024-944-6859
詳細はここ

同窓会ゴルフ

NEW
甲府工業OB会

第170回 6月例会
期日・6月25日(金)
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・・中・西
場所・那珂CC
締切・6月15(火)

第171回 7月例会
期日・7月30日(金)
集合・・・8:00
スタート・8:31
コース・・IN
場所・金砂郷CC
締切・7月20(火)

第172回 8月例会
期日・8月27日(金)
集合・・・8:30
スタート・9:02
コース・・IN
場所・日立高鈴ゴルフ
締切・8月17日(火)

成績
同窓会ゴルフ

もみじ会ゴルフ


NEW
日立製作所
勝田工場OB会



第151回 7月例会
期日・7月9日(金)
場所・日立高鈴GC
集合・・・8:00
スタート・8:28
コース・・OUT
締切・6月29日(火)

第152回 8月例会
期日・8月6日(金)
場所・日立高鈴GC
集合・・・8:00
スタート・8:28
コース・・IN
締切・7月27日(火)

第153回 9月例会
期日・9月3日(金)
場所・那珂カントリ
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・・中⇒西
締切・8月24日(火)

前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


NEW
日立製作所
水戸工場OB会



第389回7月例会
期日・7月13日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・中→西


熱中症防止のため8月は休止します。


第390回9月例会
期日・9月10日(火)
場所・那珂カン 
集合・
スタート

前回の成績
NMG

天神山ゴルフ

第80回天神山ゴルフ 
期日・7月26日(月)
集合・・・9:20
スタート・9:57
場所・那珂CC
締切・6月15(火)
料金・4,180円

アーカイブ

勝田天神山


詳細当番表

               

工業系高校に専攻科

2015/11/29(日)
工業系高校に専攻科を計画・・・山梨県
 
県の基幹産業である機械・電子産業の発展を目指し、有識者が人材育成について話し合う県の検討委員会が25日、甲府市内で開かれた。
県側は、既存の工業系高校に2年の専攻科を新設する案を示し、委員の多くも賛同。
後藤知事が公約に掲げた県立高等専門学校の設置は、人材の輩出に時間がかかり過ぎるなど否定的な意見が出ており、年明けの最終会合でとりまとめられる報告書の内容が注目される。

これまでの検討委では、県の需要調査の結果などから「現状、育成機関のない製造技術を担う人材」を育成する新たな機関が必要だとする意見で一致。
ただ、他県の事例を元に比較したところ、高専は人材輩出までに最短でも9年かかり、施設整備などで70~80億円かかるのに対し、工業系高校に専攻科を新設する場合は最短で6年、コストも約16億円に抑えられるとされた。

この日示された報告書の骨子案では、工業系高校の専攻科の新設、大学生の県内就職の推進、定員に満たない状況が続く産業技術短期大学校の定員の充足が掲げられ、委員からは「約10年かかる高専設置では、時代のニーズに合った人材を育成している間に時代が変化してしまう」など、専攻科新設に賛同する意見が多く出た。

検討委の委員長を務める清水一彦・県立大学長は「県内に不足している人材を早く育成するために、スピード感が必要だ。新たな制度の設計に向けてしっかり検討していきたい」と述べた。資料;読売新聞


隣の鈴木さんちの紅葉。       平成27年11月24日写す。
18-3    KIMG0180.jpeg

ふるさと
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.