FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

科学写真展

小中高校生が撮影 科学写真展が5日から。 甲工生が知事賞受賞。

小中高校生による科学写真展が、5日から、甲府市愛宕町の県立科学館で開かれる(同館など主催、朝日新聞甲府総局など後援)。17日まで。月曜休館。
動植物の生態や自然現象を記録写真に撮ることで、科学的に注意深く観察する姿勢を育てようという企画で、今年で18回目。応募総数が前年より397点増えて、2066点に。4年前の約2倍の作品数となり、会場いっぱいに展示されている。
そのなかから最優秀の知事賞に、小学生の部で、甲州市立塩山北小5年・飯田希(のぞみ)さんの「シャボン玉に写し出された世界」、中学生の部で、甲州市立塩山中2年・掛本梓乃(しの)さんの「隕石(いんせき)雲」、高校生の部では、甲府工業高1年・飯塚智哉さんが白いカビを撮った「小さな悪魔」が選ばれた。
資料;朝日新聞

甲府工業METACモニュメント
5-1  5-2-1

PageTop