FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

甲州市・風間球打選手

 プロ野球のドラフト会議でソフトバンクから1位で指名された甲州市出身で秋田・明桜高校の風間球打投手が、12日、球団から指名のあいさつを受け、「プロの実感がわいてきた。160キロの球速と300勝を目指したい」と意気込みを語りました。

甲州市出身の風間投手は最速157キロの速球が持ち味で、11日行われたドラフト会議ではソフトバンクが1位で指名し、交渉権を獲得しました。
一夜明けた12日、風間投手は秋田市の明桜高校で、ソフトバンクの永井智浩編成育成本部長から指名のあいさつを受けました。
このあと2人は会見し、風間投手は「将来的にホークスの中心選手になれると言われ、うれしかったし、プロになる実感がわいてきた。日本の野球界を背負うピッチャーとなり、160キロの球速と300勝を目指したい」と意気込みを語りました。
風間投手とは初対面という永井編成育成本部長は「マウンドで見るより好青年という印象です。ことしのナンバーワンのピッチャーという評価と、抽せんを予想していた中で1位指名を公表した思いが交渉権の獲得につながったという話をした」と述べました。
このあと風間投手には、王貞治球団会長と工藤公康監督のサインが入ったそれぞれのボールが贈られ、報道陣に向かってポーズを構えて喜びを表していました。

PageTop