FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

「剣樹抄〜光圀公と俺〜」

来月から放送が始まるNHKのBS時代劇「剣樹抄(けんじゅしょう)」で、のちに水戸藩の2代藩主となる若き徳川光圀を演じる俳優の山本耕史さんが18日県庁を訪問し、大井川知事に出演を報告しました。

NHKのBS時代劇「剣樹抄〜光圀公と俺〜」は、のちに水戸藩の2代藩主となった若かりしころの徳川光圀が、父親を殺された身寄りのない少年とともに江戸時代最大の火事、「明暦の大火」の火付け役を追う物語で、ロケ撮影の多くをつくばみらい市で行っています。
来月から放送が始まるのを前に、主人公の光圀を演じる俳優の山本耕史さんが18日午後、県庁を訪れ、大井川知事にあいさつしました。
大井川知事は「若かりしころの光圀はイメージがなく、非常に新鮮な作品になっているのではないかと期待しています」と話し、山本さんは「いろんなことを学ばせてもらいながら撮影しているので、より深みも出ていればいいと思います」などと話していました。
そして、大井川知事が「県民も新しい光圀を楽しみにしています」と話すと山本さんが「期待を裏切らないように頑張ります」と応じました。
BS時代劇「剣樹抄〜光圀公と俺〜」はBSプレミアムで来月5日の午後8時から放送がスタートし、毎週金曜日、全8回にわたって放送される予定です。

PageTop