FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp 

イベルメクチン

製薬会社の興和は1月31日、ノーベル賞を受賞した韮崎市出身の大村智博士が開発した感染症の特効薬「イベルメクチン」にオミクロン株への抗ウイルス効果があると発表した。国内での臨床試験もすでに始まっていて、大村博士は「早期の承認を期待したい」と話している。

イベルメクチンは、大村博士が開発した寄生虫が媒介する感染症の特効薬で「数億人の命を救った」として、大村博士は2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。イベルメクチンはウイルスの細胞への侵入や増殖を防ぐ効果が期待され、大村博士から依頼を受けた製薬会社の「興和」が、去年7月から新型コロナ治療薬として、国内で初の臨床試験を行っている。

興和は「いち早く国民の皆様に提供することで新型コロナの治療に少しでも貢献したい」としている。

今日の一句; 待望の イベルメクチン 桜咲き

PageTop