FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
村 上 博 靱

カウンター

プロフィール

村 上 博 靱

Author:村 上 博 靱

ひたちなか市在住
山梨市川三郷町出身
初代市川團十郎発祥の地

リンク

new

同窓会総会・懇親会

中止にしました。
甲府工業茨城同窓会総会
懇親会のお知らせ

期日・令和2年12月5日(土)
場所・ホテルクリスタルパレス
住所・ひたちなか市大平1-22-1
電話・029-273-7711
会費・10,000円
交通・JR勝田駅より無料送迎バス有

甲府工業同窓会ゴルフ

NEW
第163 回 11月例会
期日・11月27日(金)
集合・・・9:00
スタート・9:27
場所・金砂郷カントリC
締切・11月18(水)

成績
同窓会ゴルフ

PVゴルフ

期日・10月28日(水)
場所・勝田ゴルフ
スタート・7:22
   

もみじ会ゴルフ


日立製作所
旧勝田工場OB会

第143回 11月例会
期日・11月5日(木)
場所・金砂郷CC
集合・8:45
スタート・9:13
締切・10月26(月)
前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


日立製作所
旧水戸工場OB会

第391回11月例会
期日・11月10日(火)
場所・那珂カン 
集合・7:40
スタート-8:12

前回の成績 NMG

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください


(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

new
趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ

最新記事

全国高校サッカー

2016/01/01(金)
1-3 2016年初日の出。ひたちなか市那珂川、6:55。 村上香津江

明秀日立高校が全国高校サッカー選手権で初出場初勝利      木本土八(E39)

今日は嬉しい1日となりました。
ご承知のとうり応援する明秀日立高校が全国高校サッカー選手権で初出場初勝利したことです。
対戦相手はU-18日本代表選手2名を擁する四日市中央工高で、全国大会優勝等の名門校を撃破したのです。
試合内容も互角以上に見えまして、夏の時より成長しておりました。
又、山梨から甲府工高サッカー部の後輩も応援に来てくれたり、日立市長はじめ10数台のバスで地元の応援団も駆けつけ大いに盛り上がりました。
次は1月2日 東京代表の國學院久我山高と西が丘サッカー場です、応援に行く予定でおります。
良い試合になると思います。
写真を2枚添付致しますので雰囲気を感じて頂ければと思います。
では良いお年をお迎えください1年間お世話になりました。
31-1   31-2


昨年8月の「明秀日立バロン杯」を思い出しました。    村上博靱(E33)

私が到着した時には既に甲府工業と明秀日立の選手がグランドでウオーミングアップしていました。
今日は木本兄弟の昔からのサッカー仲間達が甲府より馳せ参じての応援で盛り上がりました。
朝5時に甲府を発ち10時には高萩のグランドに到着、「甲府よりこっちの方が涼しいじゃん」と云っていました。
白のジャジーが甲府工業、ブルーが明秀日立、いよいよ10:30キックオッフです。
試合が始まって間もなくいきなりカウターパンチを食らったようなシュートで簡単に点を取られてしまいました。
明秀日立はさすが先週までインタハイで戦ってきた強者。
玉裁きのうまさが目に尽きました。
その後甲府工業も本来の試合に戻ってきて膠着状態が続きました。
随所に攻撃が出てきてほとんど見劣りしないいい試合がしばらく続きました。
しかし終わってみれば0-3で甲府工業は敗戦。
強豪明秀日立に対し甲府工業はよく頑張りました。
実はこの交流戦を計画したのは我が同窓会の木本貴一さん(M41)と木本土八さん(E39)兄弟。
木本兄弟はかって甲府工業が華々しく活躍していたころのメンバーです。
インターハイや選手権に参加して全国ベスト8を経験した人たちです。
なお、この交流戦には学法石川(福島)、上田西(長野)も参加しリーグ戦を行い技を競い合いました。
 






ゴルフ情報
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.