FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

やまなしパワー

新規企業 6%電気値引き やまなしパワー

山梨県は4月から東京電力と共同で企業に安く電力を供給する事業「やまなしパワー」を始めるにあたり、電力量料金単価の値引きの割合を4日、発表した。
県外企業の誘致などを進めるため、新たな事業所を県内に設置するなどした場合には6%、また設備投資を促すため、県内の中小製造業者を対象に3・5%値引きする。
県企業局の水力発電所で発電した約4億7000万キロ・ワット時を活用し、値引き分は東電が負担する。
同局によると、6%の対象となるのは、製造業や情報サービス業など。
新たな事業所を設置する場合や、県内企業では売上高の10%以上の設備投資を行う場合に、供用開始から3年間値引きを行う。
最大で年間700万円程度の減額になるといい、年間約70社の利用を目標としている。
募集期間は2月15日~2018年12月31日。
また、中小製造業者が事業を利用した場合、最大で年間70万円程度の割引となるといい、年間約1200事業所の利用を見込んでいる。
割引の期間は4月からの3年間。申請は今月29日まで受け付けており、すでに約100件の問い合わせが寄せられているという。
県では今後、県外企業に出向くなどして事業の周知を進めるとしており、後藤知事もこの日の定例記者会見で、「他の自治体にはない事業。
県内への企業進出を促進するため、先頭に立って誘致を進めたい」と話した。資料;読売新聞

PageTop