FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp 

大村智さんが絵画を寄付

山梨県韮崎市出身で、ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智さん(87)が5日、地元の中学校2校を訪れ、所蔵する絵画をそれぞれ1点ずつ寄贈した。

 美術愛好家としても知られる大村さんは、2007年、私費を投じて市内に韮崎大村美術館を建設し、翌年、市に寄付した。今年で開館15周年となるのを記念して、「いい絵を見て心を育んでほしい」と、大村さんお気に入りの富士吉田市の画家桜井孝美氏の作品を贈ることにした。

 市立韮崎西中であった受納式では、中央に富士山、雲上に若々しい風神雷神を配した作品「郁郁(いくいく)たれ!」が校舎内に掲げられた。

 大村さんは「芸術は自然とともに一体となって人間を健全に導くと思っています」とあいさつ。生徒会長の奈良歩乃佳(ほのか)さん(3年)は「絵のある学校生活が楽しみ。先生にお会いして、私たちもふるさとを大切にしていきたいと思いました」と感謝を表した。

 大村さんは韮崎東中も訪れ、作品「薬師瑠璃光如来・無量」を寄贈した。

 式の後「私自身美術を愛してきてよかったと思っている。その気持ちを子どもたちに伝えることができ、ありがたい」と話した。(米沢信義)

今日の一句;大村さん 生まれ故郷に 絵画寄付
9_8_hh19.jpg 9_8_hh18.jpg

PageTop