FC2ブログ

ちょくらよっていけし 

https://mh182130.jp 

モトスマリモ

国立科学博物館は、甲府市の民家の水槽で国内でこれまで確認されていなかった新種のマリモが見つかったと発表した。

国内のマリモについては、これまでに北海道の阿寒湖や山中湖などで確認されている「マリモ」と、富山県の民家の池で見つかった、「タテヤママリモ」の2種類が確認されていた。
国立科学博物館では、10年ほど前から山中湖のマリモの研究を行ってきましたが、3年前、甲府市の民家の水槽でマリモが大量に発生したとの連絡を受けて確認したところ、これまで国内で確認されてきたマリモとは異なるきれいな丸い形であったことなどから、新種の可能性があるとして、遺伝子解析を行った。
その結果、これまでの2種類のマリモの遺伝子配列とは異なる、スリランカで最初に見つかったマリモの配列と一致したということで、博物館は、国内で3種類目の新種のマリモが見つかったと発表した。
このマリモが発生した民家では、魚の産卵のために富士五湖の1つ本栖湖から二枚貝を採取してきたということで、この二枚貝に付着していた藻からマリモが発生したと考えられるということです。
博物館では、このマリモを「モトスマリモ」と名付けた。
一句;甲斐の国マリモ発見うれしいな

PageTop