FC2ブログ

ちょっくらよっていけし   

昭和のような風景

外国人観光客らが富士山を背景にした横断歩道上で、若い男女がポーズをとり、スマートフォンや高級一眼レフカメラで動画や写真に収める。山梨県富士吉田市内の「本町二丁目」交差点周辺、通称「本町通り」付近での日常だ。

市中心部を貫く国道137号、別名「富士みち」とも呼ばれるように、通りの先には富士山が大迫力でそびえる。そのうえ、通り沿いの古い商店街や店舗の看板やちょうちん、雑多に交わる電線などが「昭和レトロのような風景」としてSNSなどで紹介された。

関係者によれば、「富士山がよく見える晴れた日には1日に1000人以上が来ている」という状況だ。
5_5_4h.jpg

PageTop