FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp 

外国人宿泊客

11月の外国人宿泊客 最多  山梨県

県が発表した昨年11月の外国人の延べ宿泊客数は、前年同月比12・5%増の9万4770人に上り、2007年の統計開始以降、11月単月として過去最高を更新した。
円安効果で外国人旅行者は増加を続けており、昨年1年間の外国人宿泊客数も前年の1・4倍となる130万人を超える見込みだ。
県観光企画・ブランド推進課によると、昨年11月は、円安に加え、外国人の間で紅葉の観賞が人気となっていることも、宿泊客数を押し上げたとみられるという。
国籍・出身地別でみると、半数は中国が占めて4万6550人。
次いで台湾が1万1040人、また、観光ビザ(査証)が免除されたタイも8350人などとなっている。
昨年1年間に国内を訪れた外国人旅行者は、前年比47%増の1973万人。
12月の県内宿泊客数も前年を上回る見込みで、同課は「130万人前後になるのではないか」とみている。
一方、今年の見通しについては、隣県の静岡空港が、中国各地とを結ぶ便数を急増させるなど、地方都市でも海外とのアクセスを向上させており、同課の担当者は「地方間の外国人旅行者の囲い込み競争が激しくなるだろう」と分析。
さらに、外国人のリピート客が増え、県内も含まれる関東―関西の「ゴールデンルート」以外に足を運ぶ外国人が増えているため、「これまでのような大幅増加を期待できるほど、楽観視できない」としている。資料;読売新聞
富士山人気が急上昇。富士吉田市で。
775 
 


PageTop