FC2ブログ

ちょっくらよっていけし 

https://mh182130.jp 

街の住み心地

毎年、5月末に大東建託が実施している「街の住みここち」に関する今年度の甲信越版ランキングが発表された。
過去4年間1位に君臨していた山梨県昭和町は2位となり、新たに1位の座に就いたのが、長野県原村であった。

昭和町は、甲府市に隣接する人口約2万人の町であり、大型ショッピングモールをはじめとした店舗や飲食店が数多く立地し、新たな住宅の整備も積極的に進められてきた。
こうしたことを背景に、人口減少に歯止めがかからない市町村が多い中、転入により人口が増加傾向にある数少ない自治体でもある。

一方、今回1位となった原村は、八ケ岳の裾野に位置する標高1000メートル前後の高原の村であり、「日本で最も美しい村」連合に加盟するほど自然の豊かさや農村景観を有している
人口は約8000人であるが、こちらも昭和町と同様に移住により人口は増加傾向にある。

PageTop