FC2ブログ

ちょっくらよっていけし   

樋泉侑弥さん

山梨県が誇る桃や高級ブドウ「シャインマスカット」などフルーツの魅力を、世界に発信したい。
地元出身の米アップル日本法人元社員が起業し、次々と奇抜なアイデアを打ち出している。
目指すは「農業界のジョブズ」だ。

 山梨県南アルプス市出身の樋泉(ひいずみ)侑弥さん(25)は、東京・表参道のアップルストアで国内トップクラスの成績を記録していたが、「世界一の成長企業で起業家精神を学んで、自分も起業したかったから」と3年で退社した。

大手ゼネコンに勤めていた幼なじみの四ノ宮楓芽(ふうが)さん(25)と2020年4月、当時はまだ珍しかったフルーツの直販サイトを運営する「Bonchi(ボンチ)」(南アルプス市)を創業した。


 当初から「今後どんどん普及することは分かっていた」ネット通販だけではなく、「農業の社会課題解決」も掲げた。農林水産省によると、20年の農家の平均年齢は67・8歳。05年からは87万人減少した。

65歳以上が70%に上る一方、20代以下はわずか1%で、後継者難に拍車が掛かる。「日本の農業を持続可能にするには、若い農家を増やすしかない」と目標を定めた。

 売り上げの10%を積み立てて、新規就農のリスクを下げるため①伝統技術の継承仲介②耕作放棄地の活用③自然災害時の支援――に活用するプロジェクトを打ち出す。

その分価格は高くなるが「お客さんにも『日本の農業をなんとかしたい』という思いはあっても、何をすればいいかが分からなかった。

PageTop