FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

大村さん記念祝賀

ノーベル賞・大村さんを同窓生ら祝福。

大村智・北里大特別栄誉教授(80)のノーベル生理学・医学賞の受賞を祝い、大村さんの同窓生らが14日、昭和町で記念祝賀会を開いた。
大村さんは約500人の参加者を前に改めて山梨への感謝の思いを語り、会場は大きな拍手に包まれた。
祝賀会は、大村さんの友人らが発起人となり企画。
大村さんの母校・韮崎高校の吹奏楽部によるファンファーレに合わせて大村さんが登場し、祝賀会が始まった。
来賓として招待された科学ジャーナリストで、大村さんの伝記を執筆した馬場錬成さん(75)は、授賞式が行われたストックホルムでの大村さんについて、「世界中の科学者に研究成果を発表する記念講演に向け、19回も原稿を見直していた。
英語でのスピーチを終えると、会場を揺るがすような拍手が起こった」と紹介した。

あいさつに立った大村さんは、「研究に行き詰まる時や、悩みがある時には山梨に帰ってくると慰められる。
何よりも風光明媚なところに帰ると、いいアイデアが生まれてくる」と話し、「話すだけで気が休まる人もいるし、ゴルフをすれば負けてくれる友達もいる。
山梨は私にとってかけがえのない県だ」と締めくくった。
大村さんは祝賀会の後、取材に応じ、「これからも山梨の教育や人材育成に協力していきたい」と話していた。
資料;読売新聞
韮崎市役所玄関前のモチーフ。
1611

PageTop