FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
https://mh182130.jp

カウンター

プロフィール

村上博靱 甲府工業高等学校卒業

<村上博靱(ひろゆき)%author_name>

Author:村上博靱(E33)

茨城・ひたちなか市在住
(甲斐武田氏発祥の地)

山梨・市川三郷町出身
(初代市川團十郎発祥の地)

リンク

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

同窓会ゴルフ

NEW
甲府工業OB会

第171回 7月例会
期日・7月30日(金)
集合・・・8:00
スタート・8:31
コース・・IN
場所・金砂郷CC
締切・7月20(火)

第172回 8月例会
期日・8月27日(金)
集合・・・8:30
スタート・9:02
コース・・IN
場所・日立高鈴ゴルフ
締切・8月17日(火)

第173回 9月例会
期日・9月24日(金)
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・・中・西
場所・那珂CC
締切・9月14(火)

成績
同窓会ゴルフ

もみじ会ゴルフ


NEW
日立製作所
勝田工場OB会



第152回 8月例会
期日・8月6日(金)
場所・日立高鈴GC
集合・・・8:00
スタート・8:28
コース・・IN
締切・7月27日(火)

第153回 9月例会
期日・9月3日(金)
場所・那珂カントリ
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・・中⇒西
締切・8月24日(火)

第154回 10月例会
期日・10月8日(金)
場所・勝田ゴルフC
集合・・・7:30
スタート・8:00
コース・・OUT
締切・10月28日(火)

前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


NEW
日立製作所
水戸工場OB会



8月の例会は熱中症予防のため中止します。


第390回9月例会
期日・9月10日(火)
場所・那珂カン 
集合・
スタート

前回の成績
NMG

アーカイブ

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください

(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
俳句
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ


new
宝来屋
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋
字川久保54-2
TEL o24943-2380(代)
FAX 024-944-6859
詳細はここ

勝田天神山


詳細当番表

               

山梨に永住したい

2016/03/14(月)
山梨に「永住したい」57% 県内避難者アンケート

3月11日、東日本大震災の発生から5年を迎えた。
東北3県や茨城県からの避難者の相談に応じ、地元の支援組織を紹介してきた「東日本大震災・山梨県内避難者と支援者を結ぶ会」のアンケートで、避難者の57%が「山梨に永住したい」と回答したことが分かった。
だが、災害救助法で県内のアパートなど「みなし仮設住宅」に住めるのは来年3月末までという。
山梨を“第二の故郷”に決めた人たちの「自立」「支援」が、新たな課題となる。
県防災危機管理課によると、平成23年3月末、原発事故で避難指示を受けた福島を中心に、計969人が県内各地に避難していた。
その後、少しずつ帰還が進み、直近1年間は680人台でほぼ定着。
9日現在では、21市町村に計685人が生活している。
福島県からの避難者が582人(約85%)と最も多く、次いで宮城県54人、茨城県32人、岩手県9人、その他8人-となっている。
結ぶ会は23年9月に活動をスタート。
交流のイベントを重ね、生活などの相談を受け、市町村の窓口やボランティア団体などを紹介してきた。
その後は自主避難の比率が高まり、「永住」希望者が26年12月に49%、昨年11月には57%に達した。
永住希望者の悩みが「住まい」だ。
人口減対策に臨む後藤県政にとって、山梨と縁ができた数百人の「永住希望」は無視できない規模だが、「永住後に生活面で心配があれば、通常の相談・支援で対応する」と慎重だ。
資料;産経新聞より。

避難者の57%が「山梨に永住したい」と望んでいる。
  

ふるさと
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.