FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
https://mh182130.jp

カウンター

プロフィール

村上博靱 甲府工業高等学校卒業

<村上博靱(ひろゆき)%author_name>

Author:村上博靱(E33)

茨城・ひたちなか市在住
(甲斐武田氏発祥の地)

山梨・市川三郷町出身
(初代市川團十郎発祥の地)

リンク

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

同窓会ゴルフ

NEW
甲府工業OB会

第171回 7月例会
期日・7月30日(金)
集合・・・8:00
スタート・8:31
コース・・IN
場所・金砂郷CC
締切・7月20(火)

第172回 8月例会
期日・8月27日(金)
集合・・・8:30
スタート・9:02
コース・・IN
場所・日立高鈴ゴルフ
締切・8月17日(火)

第173回 9月例会
期日・9月24日(金)
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・・中・西
場所・那珂CC
締切・9月14(火)

成績
同窓会ゴルフ

もみじ会ゴルフ


NEW
日立製作所
勝田工場OB会



第152回 8月例会
期日・8月6日(金)
場所・日立高鈴GC
集合・・・8:00
スタート・8:28
コース・・IN
締切・7月27日(火)

第153回 9月例会
期日・9月3日(金)
場所・那珂カントリ
集合・・・8:00
スタート・8:33
コース・・中⇒西
締切・8月24日(火)

第154回 10月例会
期日・10月8日(金)
場所・勝田ゴルフC
集合・・・7:30
スタート・8:00
コース・・OUT
締切・10月28日(火)

前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


NEW
日立製作所
水戸工場OB会



8月の例会は熱中症予防のため中止します。


第390回9月例会
期日・9月10日(火)
場所・那珂カン 
集合・
スタート

前回の成績
NMG

アーカイブ

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください

(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
俳句
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ


new
宝来屋
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋
字川久保54-2
TEL o24943-2380(代)
FAX 024-944-6859
詳細はここ

勝田天神山


詳細当番表

               

道の駅「こすげ」

2015/02/25(水)

小菅村の国道139号沿いに3月29日、道の駅「こすげ」がオープンする。

139号では昨年11月、村と大月市を結ぶ松姫トンネル(全長3066メートル)が開通して利便性が高まっており、村は「道の駅の利用者に地元食材や周辺の観光情報などを提供し、村の活性化につなげたい」と期待している。

「こすげ」は、昨年7月にオープンした富士川町の「富士川」に次いで県内19か所目の道の駅。
既存の物産館のわきに、イタリア料理レストランや多目的広場のほか、災害時には約50人が宿泊できるスペースを新たに整備した。
敷地面積は約7800平方メートル。隣接地には、温泉施設「小菅の湯」もある。
レストランでは、地元で捕れるヤマメ、イワナといった川魚やワサビなどを使った創作料理や、石窯を使ったピザなどを提供する。
多目的広場では、そば打ち体験やコンニャク作りなどのイベントを開く計画がある。
当初、松姫トンネルの開通に合わせてオープンする予定だったが、資材不足などで完成が遅れていた。
県によると、松姫トンネルの開通に伴い、小菅村~大月市間の交通量は開通前より3倍ほど増えているといい、村では多摩川源流部に位置する特長を生かし、「こすげ」を新たな観光発信拠点や都市住民との交流の場として活用していく方針だ。
このルートは中央道が渋滞した時のう回路として、また行楽地として覚えておくと役にたつ。
大月~奥多摩湖~青梅に抜ける国道である。あるいは逆に青梅から甲府へ行くのにも興味のある国道だ。
参考資料;読売新聞

奥多摩ダム。
 24-1 水源はほぼ山梨県側。分水嶺は柳沢峠。

ふるさと
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.