FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

安藤家住宅

昔の端午の節句は・・・ 南アルプス市南湖。

昔の端午の節句飾りが、南アルプス市西南湖の安藤家住宅で展示されている。展示品は13点で、特に目を引くのは長さ約9メートルの「木綿の本染鯉こいのぼり」。製作した市内の井上染物店によると、木綿だけで約80年前に作られた手染めのこいのぼりで、現在はこれほど大きなこいのぼりは製作しておらず、貴重なものという。会場には、江戸時代後期から明治時代中期に流行した山梨独自の節句人形「おかぶと」も展示。同住宅は、江戸時代中期に建てられた国指定重要文化財で、市の担当者は「安藤家住宅の雰囲気の中で、端午の節句飾りの歴史を感じてほしい」と話している。5月16日まで。資料;読売新聞
国指定重要文化財の「安藤家住宅] (2016/4/15写す)xz1

PageTop