FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

勝沼の大善寺

 幸運欲しい! 200人奪い合う 甲州で藤切り祭

甲州市勝沼町勝沼の大善寺で8日、修験道の開祖とされる役行者(えんのぎょうじゃ)をしのぶ「藤切り祭」があった。国の選択無形民俗文化財に指定されている。同寺によると、修験道は信仰や修行を目的に平安時代から江戸時代に栄えた山岳宗教。役行者は約1300年前に実在し、大蛇を退治したなどの伝説が語り継がれているという。大蛇に見立てて神木につるされたフジづるは約30メートル。つるを持ち帰ると開運成就の幸運が舞い込むとされ、修験者に扮した僧侶が刀で切り落とすと、待ち構えた約200人の若者が激しく奪い合った。市立勝沼中学校2年の川崎敬介さんは「目の前に落ちてきたつるに飛びつきました。部活のバスケで活躍できそう」と話した。資料;朝日新聞
国道20号線沿いにある大善寺
v121

PageTop