FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

茨城港常陸那珂港

茨城港常陸那珂港区に耐震岸壁が完成、ひたちなか市

国と県が整備を進めていた茨城港常陸那珂港区(ひたちなか市)の中央埠頭(ふとう)に水深12メートルの耐震強化岸壁が完成し、完成・供用式典が開かれた。整備されたのは中央埠頭国際物流ターミナルの岸壁270メートルで水深12メートル。7万5千トンクラスの貨物船が接岸できる。これにより、建設機械や自動車を運ぶ「RORO船」が2隻同時に接岸することが可能となり、輸送の効率化につながることが期待される。同港区は常陸那珂有料道路の常陸那珂港インターチェンジに近く、付近には日立建機やコマツの大手建設機械メーカーの工場が多い。貨物の取扱量は年々増加しており、新しい岸壁の完成で需要増を目指す。式典で橋本昌知事は「当初の計画の1年前倒しで完成した。引き続き2バース目の整備促進など、港湾機能の充実を国に要望するとともに荷主企業の拡大や航路誘致でさらなる利用促進に努めたい」と語った。資料;産経新聞

PageTop