FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
https://mh182130.jp

カウンター

プロフィール

村 上 博 靱

Author:村 上 博 靱

ひたちなか市在住
山梨市川三郷町出身
初代市川團十郎発祥の地
養蚕の一瀬桑発祥の地

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

同窓会ゴルフ

甲府工業OB会

第166回 2月例会
期日・2月26日(金)
集合・・・9:30
スタート・10:00
コース・・IN
場所・スパ久慈
締切・2月16(火)

第167回 3月例会
期日・3月26日(金)
集合・・・8:50
スタート・9:22
コース・・IN
場所・茨城ロイヤル
締切・3月16(火)

NEW
第168回 4月例会
期日・4月28日(水))
集合・・・8:20
スタート・8:52
コース・・out
場所・勝田ゴルフ
締切・4月19(月)

第169回 5月例会
期日・5月28日(金)
集合・・・8:30
スタート・8:56
コース・・IN
場所・日立高鈴ゴルフ
締切・5月18日(火)

成績
同窓会ゴルフ

もみじ会ゴルフ


日立製作所
旧勝田工場OB会



第147回 3月例会
期日・3月5日(金)
場所・茨城ロイヤル
集合・・・8:30
スタート・9:01
コース・・OUT
締切・2月23日(火)

第148回 4月例会
期日・4月9日(金)
場所・勝田ゴルフ
集合・・・8:45
スタート・9:15
コース・・IN
締切・3月30日(火)


NEW
第149回 5月例会
期日・5月7日(金)
場所・スパ久慈
集合・・・8:40
スタート・9:07
コース・・OUT
締切・4月27日(火)

前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


日立製作所
旧水戸工場OB会




第386回3月例会
期日・3月9日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・

第387回4月例会
期日・4月13日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・


第388回5月例会
期日・5月11日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・

前回の成績
NMG

天神山ゴルフ

天神山ゴルフ
現在休止中

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください

(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
俳句
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ


new
宝来屋
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋
字川久保54-2
TEL o24943-2380(代)
FAX 024-944-6859
詳細はここ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

天神山ごみ当番


2月23日(火) 村上 
2月26日(金) 秦野 
3月 2日(火) 崎山 
3月 5日(金) 神長 
3月 9日(火) 菊池 
3月12日(金) 松本 
3月16日(火) 舘岡 
3月19日(金) 及川 
3月23日(火) 菊池 
3月26日(金) 寺内 
3月30日(火) 村上 

以降の当番表

甲州人国記(30)

2016/07/08(金)
甲州人国記  “受験文化の時代に” ⑬-2   昭和58年
                               
東京の学校群制度の生みの親、文京大学長の小尾乕雄(とらお)(75)は、長坂町に育ち旧制諏訪中卒。「甲、信の両棲(りょうせい)動物ですよ」。甲州現実主義に信州教養主義が接ぎ木された趣。文京大は軌道に乗り、「もうまかせている」。群教育長時代の学校群制はポシャッタ。「高校受験過熱へのショック療養にはなった。超名門校が消えたよ」。孫が九人。「今の子は人と仲良くしない。人間差別の偏差値教育は親殺しに結びつく」。小尾は国語教師として教壇に立った経験を持つが、国語教育の推進者が須玉町出身の輿水実(75)。国立国語研究所の名誉所員だ。戦後、教育指導要領の作成に当たり、「だれにも出来る近代的、合理的な国語教育」を目指した。主宰する「国語教育近代化の会」には教師八百人。言語哲学の学者は、「国語の力は全教科の基礎力です。すべての学習の根底にある学として、国語教育をとらえなくてはいけない。言語文化の教育なんですから」。授業時間の少なさと国語力の低下を憂える。「学生が無気力で、創造力も想像力も退化している。想像力がないということは、他人の痛みをわからず残酷なことも、平気でやれるということですからね。共通一次の毒が回ってきた」と、法政大教授で国文学者の小田切秀雄(66)。戦後、清新な文芸評論活動を展開して来た想像家は「昭和軽薄派とでもいえる、その日暮らしの軽文学、うつろな風俗小説が、文学の名で横行している。小説が売れなくなって当然ですよ」。旧制高校時代、治安維持法で逮捕され、十手で拷問された体験をもつ。自由にモノがいえなくなる管理社会への抵抗を胸に、いま『昭和の思想と文学の五十年』を書く。
小田切の父は牧丘町出身で、根津財閥系の証券会社役員だった。学生結婚した妻の医師みゆき(68)は、初代牧丘町長の娘。小田切の実弟が、近代文学館理事長、立教大教授の小田切進(58).精魂傾けた文学の殿堂は、樋口一葉日記などを資料に、『近代日本の日記』に取り組む。
中世国文学の日本学士院会員、東大名誉教授市子貞次(71)は甲府市生まれ。小学校一年まで住む。初代国立国文研究資料館長をし、古典の戸籍簿作りに精魂を傾けた。
(敬称略)資料;朝日新聞 
小尾  輿水  小田切1  小田切   
エッセイー
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.