FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

細田家住宅主屋

細田家住宅や御岳公会堂…登録有形文化財に山梨から3件答申。

国の文化審議会(馬渕明子会長)は新たな登録有形文化財として、山梨県内では、いずれも甲府市御岳町の「細田家住宅主屋(しゅおく)」「御岳公会堂」(旧金桜神社参籠所(さんろうょ)と「相原家住宅主屋」の3件が答申された。
「細田家住宅主屋」は大正10年、登山客などの増加を受けて、旅館機能を併せ持って建てられた。
金桜神社の門前鳥居の脇に位置し、門前町の景観を形成する建物だ。「国土の歴史的景観に寄与している」と評価された。
入母屋造桟瓦葺(いりもやづくりさんかわらぶき)の2階建てで、1階は住居部分。2階には中廊下を通して宿泊者用の4室がある。
「御岳公会堂」は、金桜神社の境内にあった「おこもり」用の参籠所を移築したもので、地区の公会堂として再利用されている。「造形の模範となっている」と評価された。
昭和10年ごろ建築され、同54年に改修された。木造平屋で現在は鉄板葺だが、移築前は檜(ひのき)皮葺だったようだ。
伝統建築の梁の組み方である「小屋組」などの旧状をよく残している。内部に柱を建てずに大空間を確保し、参籠所の特色を今に伝えている。
相原家住宅主屋は、金桜神社門前の住居兼宿泊施設で明治後期の建築。戦後改修した。「造形の模範になっている」と評価された。
木造2階建てで1階が住居、2階は客間を兼ねた座敷となっている。1階には広い土間、2階には50畳敷きの大広間が設けられた。地域に残る講中宿として希少な存在だという。資料;産経新聞
甲府市御岳町;金桜神社7241

PageTop