FC2ブログ
ちょっくら よっていけし
https://mh182130.jp

カウンター

プロフィール

村 上 博 靱

Author:村 上 博 靱

ひたちなか市在住
山梨市川三郷町出身
初代市川團十郎発祥の地

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

同窓会ゴルフ

甲府工業OB会

中止にしました
第165回 1月例会
期日・1月29日(金)
集合・・・9:30
スタート・10:00
コース・・out
場所・勝田ゴルフ
締切・1月19(火)

第166回 2月例会
期日・2月26日(金)
集合・・・9:30
スタート・10:00
コース・・IN
場所・スパ久慈
締切・2月16(火)

第167回 3月例会
期日・3月26日(金)
集合・・・8:50
スタート・9:22
コース・・IN
場所・茨城ロイヤル
締切・3月16(火)

成績
同窓会ゴルフ

もみじ会ゴルフ


日立製作所
旧勝田工場OB会



中止にしました
第146回 2月例会
期日・2月5日(金)
場所・スパ久慈
集合・・・9:15
スタート・9:45
コース・・IN
締切・1月26日(火)

第147回 3月例会
期日・3月5日(金)
場所・茨城ロイヤル
集合・・・8:30
スタート・9:01
コース・・out
締切・2月23日(火)

前回の成績
もみじ会

NMGゴルフ


日立製作所
旧水戸工場OB会



中止にしました
第385回2月例会
期日・2月9日(火)
場所・那珂カン 
集合・・・
スタート・
前回の成績
NMG

天神山ゴルフ

天神山ゴルフ
現在休止中

賛助広告

(有)オフィスバロン
エディファミリ
互助会
富士祭典代理店
会長 木本貴一(M41)
部長 木本 土八(E39)
TEL 090-6319-4048
当社にご用命下さい
ホームページを見る

  バロンのページ
ご覧ください

(株)W-TYM
代表取締役
 渡辺孝明(E39)
茨城県日立市在住

趣味の紹介
さき織り
陶芸
鎌倉彫
俳句
甲府工業建築科卒
松井昌美(A34)
詳しくはここ


クラス会やお泊りは
石和
華やぎの章 慶山

電話 055-262-2161
詳しくはここ


桃、ぶどうは小林農園
山梨県笛吹市御坂町大野寺1597
TEL o55-262-6170
詳細はここ


new
宝来屋
〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋
字川久保54-2
TEL o24943-2380(代)
FAX 024-944-6859
詳細はここ

中村紘子さん

2016/08/01(月)
中村紘子さんの思い継承 甲州出身 関係者悼む

  現在の甲州市出身のピアニスト、中村紘子さんが72歳で亡くなったことが伝えられ、県内でも29日、関係者から惜しむ声が聞かれた。都留市の音楽ホールには、同郷のよしみで中村さんが選んでくれたグランドピアノが今も健在で、ホール関係者は「次の世代に中村さんの音楽への熱い思いを引き継いでいきたい」と話している。
1996年に開館した都留市上谷の「都の杜うぐいすホール」は、設計段階から中村さんの意見が取り入れられた。国内外で活躍する中村さんが山梨県出身だったことから、当時の都倉昭二市長がアドバイスをもらおうと、知人を通じて頼んだのがきっかけだった。
  木材を多用し、クラシックのコンサートに適した残響のある音楽ホールには、大小二つのホールにそれぞれピアノを置くことになり、中村さんに選定を依頼。中村さんは自身も愛用する高級グランドピアノ「スタインウェイ」2台を選び、「スタインウェイは癖がない音がする。白いキャンバスに描くように、演奏家が表現できる楽器だ」と話していたという。
  中村さんはこけら落としを始め、計4回、同ホールでコンサートを開いた。同ホールの建設に関わった、重原達也・市福祉保健部長(59)は、「普段はざっくばらんな人だったが、演奏となればすさまじい熱心さだった。紘子さんの音楽への熱い思いを引き継げるよう、『都留の財産』である紘子さんのピアノをこれからも大切に使い続けたい」と話した。
  一方、雑誌での対談などを通じ、2000年頃から親交があった甲府市の音楽評論家、真嶋雄大さん(62)は、「楽譜をなぞるだけでなく、作曲家の思いや時代背景を考えながら演奏できる素晴らしいピアニストだった」と、中村さんの技術や表現力をたたえた。
真嶋さんは、「闘病しながらも先を見据え、最後まで音楽界の発展に尽力された功績はとても大きい」と悼んだ。
資料;読売新聞
中村さんの生まれ故郷甲州市塩山。写真は旧東山梨郡松里村の恵林寺。
7310
ふるさと
Copyright(C) 2006 ちょっくら よっていけし All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.