FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

吹奏楽コンクール 

山梨県吹奏楽コンクール 県代表に上野原西中と身延中。

第56回県吹奏楽コンクールは31日、甲府市寿町のコラニー文化ホールで中学校B(30人以内)の後半が行われ、27校が出場した。県代表に上野原西中と身延中が選ばれ、9月に山梨県で開かれる第22回西関東吹奏楽コンクールに出場する。
金賞は次の通り(◎は県代表)。
【中学校B】田富、春日居、◎上野原西、◎身延、竜王北、山梨北
銀賞の笛川中 は部員19人の笛川(てきせん)中(山梨市)は「星の天使~クレーの天使達に寄せて」を演奏し、銀賞を受賞した。部長の斉藤由莉亜さん(14)は「音程がずれていたところもあるし、72点。もうちょっとできたかなと思う」と自己採点した。
昨年いなかった男子部員が今春、3人入部した。トランペット、テューバ、バスクラリネットを担当。先輩の女子部員たちがやさしく指導し、明るく楽しい部になっている。
笛川中の吹奏楽部は、この夏、大忙しだ。このコンクールに続いて、11日にはNHKの県の合唱コンクールに参加。28日には笛川中の他の生徒らと約30人で、全日本合唱コンクール県大会にも出場する。合唱が吹奏楽にもプラスになるという理由からだ。
1日2時間弱の練習のうち、約15分間を合唱の練習にあててきた。顧問の萩原久子教諭(56)は、「今後、学校はさらに少子化に向かっていくので、何かみんなで一緒にできればと思いました」と話す。それだけでない。21日には地元の「笛吹川源流まつり」に参加し、市民吹奏楽団と合同演奏する。資料;写真も朝日新聞
   

PageTop