FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

甲州人国記(39)

甲州人国記  “ブドウ園の交響詩” ⑱-2   昭和58年 
                              
  今井友之助は、日本で最初のワイン用コンクリート貯蔵タンクも考案している。長男の社長今井裕久(34)は、フランスのモンペリエ国立高等農学校で学んだ。「ワインはブドウの品質が決定的なんですよ」。専用のブドウ園を持ち、七百二十ミリリットル三千八百円の高級ワインは原料に限りがある。と出荷制限。「思い通りのワインを造っています」と裕久。従業員はわずか十人。早稲田山岳部のOBの友之助が、外地で二十五年間撮り続けた山岳カレンダーも名物だ。
  洋酒のサントリーは、甲府盆地の北、双葉町の百五十ヘクタールに、ブドウ園と醸造工場と、ワイン博物館を持つ。ここから、日本の風土、気候では無理といわれた貴腐ワインが生まれた。白州町にはウイスキー造りの拠点がある。
  大蔵省関税局長をした副社長の吉田富士雄(58)は、「南アルプスからの水が実にいいんです」。旧制甲府中出身の吉田は、東大法学部で知事・望月と同級。山申会より幅広い在京経済人の「かえで会」の世話人として、県政に注文をつけている。「八ヶ岳山ろくに開発の手が伸びているが、乱開発は防がなきゃあ。農工両全が山梨の姿なんですよ」。武田勝頼没後四百年の記念祭をとりしきる。
   吉田の妻寿々子(30)は、山梨日仏協会副会長としてパリ留学の語学力を生かす。「協会にはワイン会社が三十五社が入っており、宝石、ニット業界の日仏交流も盛んです」。山梨高出身。
大蔵省の吉田の後輩に、現財務官の渡辺喜一(57)。「酒は中学高学年から」。吉田の先輩に関東財務局長をした泉州銀行頭取中込達雄(65)。ともに旧制甲府中出身。同窓に労働省の役人北大教授、現日大教授の石原孝一(62)。東芝セラミックス社長の村松文雄(63)は旧制甲府中の野球部員。同中は石橋湛山をはぐくんだ学校だ。(敬称略)資料;朝日新聞  
                        
吉田

PageTop