FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

来春の公立高定員

来春の山梨県公立高定員 甲府工業5名増員なる。

 山梨県教委は9日、平成29年度県公立高校入学者募集定員を発表した。全日制は前年度比60人減の6060人で、記録が残る昭和31年度以降で最少だった前年度をさらに下回った。
県全体の中学校卒業見込み者は前年度比で60人少ない8026人。特に卒業見込み者数が減少した甲府地域で、定員を削減した。
 学校別では、増員は甲府工と富士北稜の各5人。県教委はこれにより、両校から甲府工専攻科(32年度開設)の1期生への受験を期待する考えだ。
 一方、減員は甲府昭和、甲府商、身延の3校(計70人)。甲府昭和は1学年7クラスと学級数が県内最多で、1クラス(40人)を削減した。
 甲府商は志望者が少なく20人減、身延は中学卒業見込み者の減少を受けて10人減とした。
 県境周辺にある北杜、身延、上野原の3校は、定員以外に県外の中学生の特別枠として、前年度と同じ計80人を募集する。資料;産経新聞

甲府工業の科別人員は次のとおりとなる。
 機械科   80名   80名
 電気科   70名 → 75名
 建築科   40名   40名
 土木科   40名   40名
 電子科   40名   40名
    合計270名  275名

 甲府工業高校全景
11102

PageTop