FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp

中部横断自動車道

中部道全線開通2年遅れ 増穂-新清水間、増穂IC-六郷IC間は今度中に開通する。

 中部横断自動車道を建設中の国土交通省と中日本高速道路は21日までに、増穂インターチェンジ(IC)-新清水ジャンクション(JCT、静岡市)間(約58・3キロ)の全線開通予定を、当初より2年遅れの平成31年度とする方針を決めた。
 計画の遅延は、本県の六郷IC以南を中心に、トンネル崩落や湧水、重金属を含む掘削土の発生などのトラブルが多発し、追加対策の必要が生じたためだ。
 国交省によると、8月時点で全区間のトンネルのうち24本で崩落などが発生した。増穂IC-六郷IC間の3本は追加対策ですべて貫通し、今度中に開通する。
 だが、六郷IC以南は工事が順調に進んでも、六郷IC-下部温泉早川IC間と南部IC-新清水JCT間が30年度、下部温泉早川IC-南部IC間は31年度に開通見通しがずれ込む。
 一方、計画の遅れに伴って、総事業費も当初計画比で約600億円増の2604億円に膨らむ。重金属を含む掘削土の封じ込めの見直しや、建設発生土の処理費などで190億円(トンネル15本)、もろい地盤の補助工法の追加や湧水発生への対応などで350億円(同17本)、工事道路の構造の見直しで60億円などとなっている。


境川カントリー倶楽部
1125
 

  第33回全日本シニアバドミントン選手権大会は12日~14日,東京都で行われ、70歳以上シングルス、残念ながら今年は第3位で終わりました。来年に向けてまた一年鍛えていきます。  早川 博

なお、早川 博氏は第31回大会(愛知)ではシングルスで優勝、第32回大会(福井)ではダブルスで第3位と毎年優秀な成績を納めている

PageTop