FC2ブログ

ちょっくら よっていけし

https://mh182130.jp 

つちやみずきさん

市川三郷町出身の絵本作家、つちやみずきさんが、保育所や学校などで絵本を楽しんでもらおうと自分の作品を町に寄贈しました。

市川三郷町出身の絵本作家、つちやみずきさんは、去年、第8回絵本出版賞で「poco a poco」が奨励賞に選ばれ、出版されています。
つちやさんは20日、町役場を訪れ、「poco a poco」80冊を寄贈し、遠藤浩町長に、「てんとう虫やカブトムシなど、子どものころ大好きだった小さな昆虫たちが、助け合うことの大切さを伝える内容になっています」などと説明して手渡しました。
つちやさんは市川高校の美術部員だった14年前、町のマスコットキャラクター「市川三郷レンジャー」をデザインした1人です。
つちやさんは「お世話になった出身地の町に絵本を贈って貢献できることをとてもうれしく思っています」などと話していました。
市川三郷町は、寄贈された80冊を町の保育所、学校、高齢者施設などに配付するということです。
今日の一句; 故郷の 絵本作家が 恩返し

PageTop

ゴルフジュニア日本一

秋の全国交通安全運動にあわせて富士川町で、ゴルフのジュニア日本一に輝いた地元の中学生が、1日警察署長として交通事故の防止を呼びかけました。

1日警察署長を委嘱されたのは、富士川町立鰍沢中学校3年生で、先月の日本ジュニアゴルフ選手権で優勝した長沢愛羅さんです。
22日、富士川町の商業施設で鰍沢警察署の金丸芳仁署長から長沢さんに委嘱状が手渡されました。
警察官の制服を着た長沢さんは「私は、ゴルフで1打でも少なくアンダースコアで回ることを目指しています。交通事故も1件でも少なくすることが大事だと思うので、前の年より事故件数がアンダーとなるよう安全運転をお願いします」と呼びかけました。
そして、長沢さんが日本一に輝いたスイングを披露すると会場では大きな拍手が上がりました。
このあと長沢さんは通りかかった買い物客に、安全運転を呼びかけるチラシや反射材が入ったバッグを配っていました。
長沢さんは「緊張したがとてもよい経験になり、楽しかった。みなさんに安全運転をしてほしいとあらためて思った」と話していました。


今日の一句; 故郷で ゴルフジュニア 日本一
9_24_hh1.jpg

PageTop

富士学苑高校が優勝

【山梨】今年も厳しい暑さが続いた夏。そんな中、仲間と共に積み上げてきた鍛錬の成果を発揮し、栄冠をつかみ取った中高生たちがいる。その雄姿と喜びを地元で報告し、さらなる飛躍を誓った。

今夏の高校総体柔道女子の団体で日本一になった、富士学苑高校が富士吉田市役所を訪れ、堀内茂市長に優勝を報告した。

富士学苑は3年ぶり2度目の全国制覇。今年は高校3大大会のうち、7月の金鷲(きんしゅう)旗高校柔道大会でも優勝し、2冠を達成している。

報告には、臼井庄作校長のほか、団体戦に出場した4選手らが出席した。団体と個人78キロ超級でも優勝した、主将の山本海蘭(うらん)選手(3年)=同市出身=は「すごくうれしい。一生忘れられない思い出になった」と振り返った。

次の目標は、今月の全日本ジュニア柔道体重別選手権大会。山本選手は「優勝出来るように、日々の練習にしっかり取り組みたい」と意気込みを話した。(佐藤靖)
今日の一句;女子の部で 柔道勝って 日本一

PageTop

スポーツ無尽

【山梨】県民の運動習慣の定着を図ろうと、県は複数の人数を集めてスポーツを継続的にする活動を「スポーツ無尽」と銘打ち、企画・参加するグループを募っている。県内で盛んな「無尽」と「スポーツ」をコラボした企画で、活動費の一部を補助する。16日まで募集している。

 「無尽」はもともと住民がお金を出し合い、災害などで困った人を助ける仕組みだ。現在の無尽の集まりが、健康寿命にも効果があるとみて、日頃運動をしない人に周囲からの声かけなどでスポーツを習慣につなげたいと企画。その効果を検証する。期間は来年1月末まで。

 県内在住の18歳以上(高校生を除く)で、4人以上のグループが対象。グループの半数以上に月2回以上スポーツをしていない人が含まれることが条件だ。

 1グループに上限2万円を補助する。テニスやフットサルのコート使用料、フィットネスクラブの入会金、ラケットのレンタル料などに充てられるという。

 県の担当者は「仲のいいグループでスポーツを楽しむ機会にしてもらいたい」と呼びかけている。問い合わせは、スポーツ無尽事務局(055・235・7666)へ。(佐藤靖)
今日の一句; 甲斐の国 スポーツ無尽 はびこらせ
https://blog-imgs-147.fc2.com/m/h/1/mh182130/


PageTop

富士登山

富士山では10日、夏山シーズンが終わった。3年ぶりの行動制限がない中、山梨県側の吉田口登山道の登山者は11万5025人で、去年の1.8倍に増加した。一方で、コロナ禍前の3年前に比べると、約6割に留まった。富士吉田市の堀内茂市長は「上々の結果」と総括した。

また、8月末で終了したマイカー規制期間中の富士スバルラインはバスなど1万3038台が利用し、約1.8倍に増加した。
今日の一句; 昔から 一度は富士に 登りけり

PageTop